ビューティーレシピ

ヨーグルトレアチーズケーキ
ヨーグルトレアチーズケーキ

バターや砂糖、生クリームをたっぷりと使ったケーキ類は高カロリーなものが多く、ダイエット中は我慢される方も多いのではないでしょうか。
チーズケーキに使われているクリームチーズはチーズの中でも脂質が多く、カロリーも高めです。そこで今回は、クリームチーズよりもヨーグルトを多く使ったヨーグルトレアチーズケーキのレシピをご紹介します。
ヨーグルトを多くする工夫の他に、土台はバター控えめのビスケット生地を手作りしてカロリーを抑え、デコレーションはシンプルにイチゴを乗せるだけに仕上げています。
一般的なビスケット生地は砕いたビスケットに溶かしたバターをしみ込ませて固めるものが多いのですが、この方法だと高カロリーになってしまいがちです。
また、ジャムやフルーツソースを添えてもおいしいレアチーズケーキですが、これらは糖質が多く含まれていることも多いので注意が必要です。生の果物であればビタミンCなどの成分も摂取でき、美容にも嬉しい効果が期待できます。
このレシピは一般的なレアチーズケーキよりも半分ほどのカロリーに仕上がっていますので、ダイエット中にケーキが食べたくなった場合にはチャレンジしてみてはいかがでしょう。ケーキ型がない場合はビスケット生地なしで、グラスに注いで作ることもできます。ビスケット生地を使わない方法で作ると、一人分(1/6個)で120kcalまで抑えられるので、さらにカロリーを抑えたい方にもおすすめです。

材料(15㎝丸型1個分)
■ ビスケット生地
薄力粉 40g
アーモンドパウダー  10g
バター 8g
冷水 大さじ1(15g)
■ チーズケーキ
無糖ヨーグルト 200g
クリームチーズ 100g
砂糖 50g
レモン果汁 小さじ1(5g)
板ゼラチン 3枚(7.5g)
大さじ2(30g)
イチゴ 6個(120g)
カロリー(1人分換算):167kcal(1/6切れ)
作り方
調理時間:30分(土台を焼く時間、冷やし固める時間は除く)
  • 土台をつくる。薄力粉とアーモンドパウダーをボウルに入れて、バターを加えて手でぽろぽろの状態にしたら、冷水を加えて生地をひとまとめにする。ケーキ型にクッキングシートをしいておき、厚さ2~3ミリに伸ばした生地を敷いて、フォークで全体に穴をあける。焼くと生地が多少縮むので、少し型の側面まで生地をのばすように敷くとよい。
  • 200℃に余熱しておいたオーブンで1を25~30分程焼いて、冷ます。
  • チーズケーキ部分を作る。ヨーグルトとクリームチーズ、砂糖、レモン果汁をブレンダーかミキサーでなめらかにする。(道具がない場合は、泡だて器でクリームチーズを軟らかく練り、その他の材料を少しずつ加えてよく混ぜる。)
  • 板ゼラチンは分量外の水に1~2分浸して柔らかくしたら、分量の水とともに鍋に入れて火にかけて溶かす。
  • 4を3の生地に加えてよく混ぜて、2の土台を敷いた型に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
  • いちごをトッピングして完成。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る