ビューティーレシピ

パプリカの肉詰め
パプリカの肉詰め

カラフルな見た目とほんのり甘みがおいしいパプリカはビタミンCが豊富な野菜です。ビタミンCは肌のハリや弾力に関わるコラーゲンをつくり出すために不可欠な栄養素です。しかしハリのあるお肌のためにはビタミンCだけでなく、良質なタンパク質も必要です。そこで今回はビタミンCとタンパク質が摂れるパプリカの肉詰めのレシピをご紹介します!ビタミンCは熱に弱いとされていますが、パプリカは厚い果肉に守られているため、熱を加えても失われにくいと言われています。
パプリカはどの色もビタミンエース(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのACEより)が多く含まれていて、特に赤色のものはβカロテンやビタミンEが豊富です。これらは肌のツヤ、ハリにも大切ですが、肌に潤いを与えて乾燥肌を改善したり、抗酸化作用があるので美白にも役立ったりします。脂溶性のβカロテンは油と一緒だと吸収率がUPするので、油で焼いて効率よく摂取しましょう。味付けをケチャップにすれば美肌・美白に効果が期待できるトマトのリコピンも摂れますよ。
鮮やかな彩りで食卓を華やかにしてくれるパプリカの肉詰め。ぜひ、おいしく食べて美肌にもお役立て下さいね!

材料(2人分)
パプリカ(赤・黄) 各1/2個(計80g)
合挽き肉 150g
玉ねぎ 1/4個(50g)
1/2個(25g)
パン粉 大さじ3(9g)
牛乳 大さじ1(15g)
小さじ1/5(1.2g)
こしょう 少々
薄力粉 大さじ1/2(4.5g)
小さじ1(4g)
ケチャップ、パセリ 適量
カロリー(1人分換算):282kcal
作り方
調理時間:25分
  • パプリカは1.5㎝程度の輪切りにして各色2切れずつ用意し、種を出す。玉ねぎはみじん切りにする。パン粉と牛乳は合わせておく。
  • 挽き肉に塩、こしょうを入れて粘りが出るまで手で練り混ぜたら、1の玉ねぎ、パン粉と牛乳、卵を加えてよく混ぜ、1のパプリカの内側に薄力粉をまぶして、1/4ずつ詰める。
  • フライパンに油を熱して2を並べて焼く。3~4分焼いたら裏返し、蓋をして弱火で4~5分焼いて中まで火を通す。お皿に盛り、お好みでケチャップをかけて、刻んだパセリを散らす。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る