ビューティーレシピ

夏野菜とアジの香味混ぜご飯
夏野菜とアジの香味混ぜご飯

ダイエットには「パンや麺よりご飯がいい」という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ご飯は脂肪の少ない和風の料理と合わせやすく、食事全体として低カロリーでの組み合わせがしやすいです。また、米は粒食のためゆるやかに血糖値が上がり、長時間満腹感を維持できるメリットや、パンや麺よりも噛む回数が多くなることで満足度を高めたり、早食いを防いで食べ過ぎを防いでくれたりするメリットもあります。最近では糖質制限が話題ですが、極端に糖質を減らしすぎると疲れやすくなったり、集中力が続かなくなったりしてしまいます。ダイエット中でも主食、主菜、副菜をバランスよく食べることが大切です。
糖質の摂り過ぎが気になるときは野菜などでボリュームをアップした混ぜご飯はいかがでしょう。野菜の食物繊維も摂れますし、食感を楽しみながらよく噛んで食べれば早食い防止にもなります。ご飯に麦や雑穀、玄米を混ぜるのもおすすめです。また、枝豆やアジからは良質なタンパク質のほか、糖質や脂質の代謝をサポートするビタミンB群も摂ることができます。みょうが、青じその爽やかな香りで暑い季節にも美味しく食べられるご飯。ぜひ夏のダイエットにお役立てくださいね。

材料(2人分)
ごはん 茶碗軽く2杯(200g)
アジの干物(焼き) 1尾(正味60g)
きゅうり 1/2本(50g)
枝豆(茹で) 正味40g
みょうが 1個(15g)
青じそ 3枚(3g)
ごま 小さじ1(3g)
小さじ1/5(1.2g)
カロリー(1人分換算):275kcal
作り方
調理時間:10分
  • 焼いたアジの干物は骨と皮を除いて身をほぐす。きゅうりは7~8mmの角切りにする。枝豆はさやから出して分量の40gを用意する。みょうがは縦半分に切って半月切りにする。青じそは千切りにする。
  • 温かいごはんに1の具とごま、塩を加え混ぜて茶碗に盛る。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る