ビューティーケアスキンケア

紫外線は乾燥肌に大きな影響を与える!効果的な対策とは?

乾燥肌だと、普通肌に比べるとより紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。さらに、紫外線を浴びることで乾燥肌が悪化したり、肌荒れを起こしたりする可能性もあるのです。しかし、きちんと対策をすることで防ぐことができます。この記事では、乾燥肌の人が押さえておきたい紫外線対策について説明します。

紫外線や乾燥は肌トラブルの大きな原因

紫外線や乾燥は、シミやシワ、肌荒れなどのトラブルを引き起こす大きな原因です。紫外線は太陽光線の1つで、波長によってUV-AとUV-B、UV-Cの3つに分類することができます。このうち、UV-AとUV-Bの一部を浴びています。UV-Aは、窓ガラスや雲を通過して肌の奥にある真皮という部分にまで到達する紫外線です。生活紫外線とも呼ばれており、シワやたるみ、シミ、炎症、肌の老化を招きます。一方、UV-Bは屋外で日焼けをする原因となる紫外線です。大量に浴びることで、肌が炎症を起こし赤くなる場合があります。レジャー紫外線とも呼ばれており、シミやそばかす、乾燥を引き起こす原因の1つです。

シミは、皮膚の中に蓄積されたメラニンによって、地肌よりも濃く見えている部位を指します。肌が紫外線に当たると、メラノサイトという部分でメラニンが作り出されます。メラニンは表皮細胞にとどまり、肌細胞を紫外線から守るために生成されるのです。表皮細胞は、ターンオーバーによって肌の表面に押し出され、メラニンも一緒に排出されます。しかし、肌が乾燥すると、バリア機能が弱ってターンオーバーが乱れてしまいます。その結果、メラニン色素を含む角質が肌に残り、シミになってしまうのです。

シワには、乾燥が原因の「小ジワ」、紫外線と加齢が原因の「大ジワ」、加齢や表情筋の収縮が原因の「表情ジワ」の3種類があります。小ジワは、表皮の水分が不足することで生じる、線状もしくはちりめん状のシワです。放置すると、数が増えて連結し、より大きなシワになってしまいます。大ジワは、紫外線を浴びることで真皮のコラーゲンが少なくなり、肌のハリがキープできなくなることで生じます。また、紫外線を繰り返し浴び続けると、角質層が厚くなり、肌荒れを招く可能性があるため注意が必要です。肌の内部に隙間が増え、水分が蒸発しやすくなることで、さらに乾燥が進んでしまいます。その結果、ザラつきやゴワつきといった肌トラブルが生じるのです。

乾燥肌の人は紫外線に要注意!

肌が乾燥すると、バリア機能が弱くなり日焼けしやすくなります。バリア機能が低下しているということは、肌は水分を逃しやすい状態ということです。そのため、角質が乱れて紫外線からの刺激に弱くなります。この無防備な状態で紫外線を浴びることで、日焼けしてしまうのです。特に、冬から春にかけての時期は湿度が低下しているため、バリア機能が低下しやすくなります。肌の水分量が不足すると、ターンオーバーも正常にできないため、日焼けによるシミができやすいといえるでしょう。

乾燥肌なら早めの紫外線対策が必須

紫外線対策といえば、夏にするものだというイメージがあるかもしれません。実は、紫外線は2月後半から増え、春には夏の終わり頃と同じくらいの紫外線を浴びているのです。そのため、肌寒さが残る時期から紫外線対策を行いましょう。日焼けをすると、紫外線によって肌の乾燥がより進み、バリア機能がさらに低下して乾燥肌の状態が悪化するという悪循環に陥る可能性があります。そのため、乾燥肌の人は紫外線対策に加え、保湿ケアにも力を入れましょう。

外出などで紫外線を浴びる場合、その前にしっかり保湿をすることが大切です。できれば、化粧水だけでなくシート状のマスクを使い、たっぷり潤いを与えましょう。次に、日焼け止めを塗ります。皮脂や汗に強いタイプの日焼け止めを選ぶと安心です。日焼けは72時間で定着するといわれているので、紫外線を浴びた後はなるべく早く美白ケアを行いましょう。美白効果のある化粧水や美容液、美白マスクなどを活用します。

紫外線対策を行ったにもかかわらず、日焼けをしてしまった場合は、アフターケアが重要です。日焼けをした部分は炎症を起こした状態なので、できるだけ早く冷します。氷水で冷やしたコットンなどを置き、クールダウンしましょう。その後、しっかり保湿をします。美白マスクなどを使う場合は、冷蔵庫で冷やしておくとクールダウンと同時に保湿が可能です。できるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。

肌トラブルを回避する日焼け止めの塗り方

紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めは欠かせません。そこで、SPFやPA表示は気になるところ。SPFは、UV-Bを防ぐ効果がどのくらいあるのかを示す数値です。SPFの数値が高いほど、肌の炎症を抑える効果が高いといえます。PAは、UV-Aを防ぐ効果を表す目安です。+の数が多いほど、肌の弾力喪失や黒化を防ぐ効果が高いといえます。
SPFの数値だけでなく、PAもチェックしたうえで、日焼け止めを選ぶようにしましょう。ただ、高SPF、PAになるほど肌への負担が大きくなり、さらに、落とすときに刺激の強い専用クレンジングが必要になることもあるため、刺激により乾燥を促進する可能性があります。ですから、肌への負担の少ない日焼け止めを選ぶことも大事です。また、多くの日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、肌の水分を奪う性質があります。そのため、乾燥肌の方はなるべく紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

他にも、リピジュアやセラミド、ヒアルロン酸など保湿成分が含まれた日焼け止めも、保湿効果が期待できるため乾燥肌向きです。敏感肌用や、潤いが長続きしやすいタイプの日焼け止めもあるので、自分に合った使い心地のものを探すのも1つの方法です。

日焼け止めは1度塗って終わりではありません。なるべくこまめに日焼け止めを塗りなおすことを意識しましょう。特に、汗をかいた後は日焼け止めが落ちやすいため要注意です。外出している場合は、2時間を目安に塗りなおしましょう。特に、眉間や小鼻の脇、耳の後ろ、襟足、首の後ろなどは塗り残しやすい部位です。意識して塗るようにしましょう。
日焼け止めを塗りなおす際には、スプレータイプの美容ウォーターを先にひとふりしておくと、日焼け止めによる乾燥を軽減することができます。メイクをしている場合は、日焼け止めをそのまま塗るとファンデーションが崩れてしまいます。そのため、まずは肌表面の皮脂をティッシュなどで取り除き、スプレータイプの日焼け止めをスプレーするとよいでしょう。その後、てのひらで軽くなじませ、パウダーを重ねるとメイクが崩れません。また、伸びがいい日焼け止めを使う場合、少量を塗りがちです。しかし、塗布量が少なすぎると、紫外線から守る効果が発揮されにくくなります。クリームタイプだとアーモンド1粒分、乳液タイプだと500円玉1つ分を目安にしましょう。2回に分けて丁寧に塗ると、よりまんべんなく塗ることができます。

乾燥肌なら紫外線対策を徹底しよう

乾燥肌の人は、特に紫外線対策に力を入れる必要があります。保湿や日焼け止めなどの紫外線対策を怠ると、さまざまな肌トラブルにつながる可能性があるからです。一度できたシワやシミは、なかなか取り除くことができません。メイクで隠そうとして厚塗りになり、余計に肌が乾燥したり汚れが詰まったりして肌が荒れるという可能性もあり得るのです。そうならないためにも、夏だけでなく、早い時期から紫外線対策を徹底することが大切です。

毎日日焼け止めを塗るのは大変と思うかもしれませんが、毎朝のスキンケアに組み込んでしまえば習慣化することができます。紫外線は室内でも浴びる可能性があるため、毎日対策を行うべきです。未来の自分の肌のためにも、紫外線対策を徹底し、潤いとハリのある美肌を目指しましょう。

美活百科に掲載サロンでは、防御効果はもちろん、
使用感や肌に優しい成分で好評の日焼け止めを取り扱っております。

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る