ライフケアヘルスケア

未病はハーブで防ぐ!エルダーフラワーの特徴とおすすめの摂取方法

女性にとってうれしい効果が得られるといわれている「エルダーフラワー」は、ハーブが好きな女性や虚弱体質な女性の間で大変注目されています。エルダーフラワーを日々の生活に取り入れていくことで、未然に病気を防ぐなどの効果が期待できるのです。この記事では、エルダーフラワーの特徴や摂取方法などについて解説していきます。

ヨーロッパではおなじみ!エルダーフラワーの起源とは?

「エルダーフラワー」は、別名「セイヨウニワトコ」と呼ばれており、ヨーロッパが原産のニワトコ属の針葉樹のハーブです。エルダーフラワーは古代エジプト時代から民間薬として使われてきたという背景から、「世界最古のハーブ」ともいわれています。エルダーフラワーにはさまざまな働きがあるため、風邪の予防や発熱性疾患、ストレス症状、花粉症などのアレルギー症状、冷え性などの症状があるときに利用するのがおすすめです。また、欧米では、エルダーフラワーが発汗作用や利尿作用に優れ、熱や毒素を排出する働きがあると考えられています。エルダーフラワーの花言葉は「天真爛漫」「心を癒やす」「思いやり」などとされ、西洋文化では特になじみの深い植物といえるでしょう。

さわやかで可憐なエルダーフラワー!その特徴とは?

エルダーフラワーがたくさんの人から親しまれている理由としては、独特の香りや味があることが挙げられます。エルダーフラワーは、初夏には白くて小さな可憐な花を咲かせることが特徴です。そして、夏の終わりになると、紫がかった黒い実をつけます。

エルダーフラワーの香りについては、マスカットのような甘くさわやかな香りがあることから、ハーブティーなどにも用いられています。味はほのかに甘いのが特徴ですが、癖がなくさっぱりとして飲みやすいため、多くの人から好まれています。
その他にも料理や美容、ポプリなどがあるのです。目的に合った使い方を知っておき、エルダーフラワーを生活の中に賢く取り入れていきましょう。
また、エルダーの実は「エルダーベリー」と呼ばれ、ビタミンCなどの栄養素が多く含まれていることから、ワインやジュースなどに加工されることが多い傾向です。ただし、生のエルダーフラワーや未熟な青い果実や葉、種子は使用しません。エルダーの種子には毒性があるため、使用の際には注意をしましょう。

女性にうれしいエルダーフラワー!一般的に言われている効果とは?

女性にとってうれしい効果が期待できるエルダーフラワーは、さまざまな効能があるといわれています。まず、エルダーフラワーには、利尿作用や発汗作用があるため、むくみが気になる女性には特におすすめです。むくみに悩んでいる女性がエルダーフラワーのハーブティーを飲むと、体内にたまっている毒素が排出されるといわれています。また、エルダーフラワーは緊張の緩和、安眠作用、アレルギー症状や炎症も緩和してくれるのです。

エルダーフラワーの特徴のひとつとして、粘膜を浄化するという作用があります。このことから、のどや口腔の感染症予防、アレルギー性の鼻炎、花粉症、鼻づまりにもエルダーフラワーは効き目があるといえるでしょう。さらに、エルダーフラワーのマスカットのような甘い香りは、神経の緊張を和らげてくれ、興奮状態にある心を落ち着かせてくれます。エルダーフラワーの香りについては、芳香成分分析をした結果、ネロール酸化物やリナロールなどの59種類もの成分が検出されています。リラックス作用や鎮静効果を持つ成分が含まれていることが分かっているのです。

ハーブティーで楽しんで!エルダーフラワーの摂取方法

さまざまな効果・効能があるとされているエルダーフラワーですが、正しい摂取方法を知っておくと、毎日の生活に役立てることができます。エルダーフラワーを気軽に摂取したいなら、ハーブティーがおすすめです。カップにドライエルダーフラワーをティースプーン1杯分入れ、熱湯150ccを入れて5分間蒸らします。エルダーフラワーをハーブティーとして摂取する方法は比較的簡単であるため、多くの女性が日常の生活にも取り入れやすいといえるでしょう。夜寝る前にハーブティーを飲むと、心を落ち着かせてくれるため、ぐっすりと眠ることができるというメリットがあります。

次に、「エルダーフラワーコーディアル」というイギリスでおなじみのシロップを用いた摂取方法も簡単で良いでしょう。まず、砂糖と水でシロップを作っておき、そこにエルダーフラワーとレモンの輪切りを適量入れて数日間置いておきます。エルダーフラワーコーディアルは自宅でも簡単に作ることができるため、自家製シロップを作っておいておくと良いでしょう。炭酸水や水で割って飲んだり、バニラアイスやホットケーキにかけたりするなど、さまざまなアレンジの仕方が楽しめます。

ポプリやバスハーブとして楽しんでみて

エルダーフラワーを摂取するというと、ハーブとして飲んだり食べたりする方法がイメージされがちです。しかし、エルダーフラワーの甘く芳醇な香りを存分に楽しむという方法もあります。ドライエルダーフラワーをガーゼで包んだり、袋に入れたりして、自家製ポプリを作って香りを楽しんだりする方法も、誰でも簡単に行うことができるためおすすめです。「作ったポプリは部屋に置く」「いつも持ち歩いて気分を静めたいときに香りをかいでみる」などすると良いでしょう。また、これをお風呂に入れればバスハーブとしても使えます。エルダーフラワーは、ペパーミントやカモミールとの相性も良く、ブレンドしても香りを楽しむことができるのです。エルダーフラワーを他のハーブとブレンドして、オリジナルのバスハーブを作ってお風呂タイムを充実させましょう。

妊娠中でもOK?エルダーフラワーの注意点とは?

一般的な風邪を予防したり、心を落ち着かせたりするなどの効果があるエルダーフラワーを、妊娠中にも摂取したいと考える女性は多いでしょう。エルダーフラワーを妊娠中に取り入れるには、いくつかの注意点を知っておく必要があります。まず、エルダーフラワーの葉や実の部分については有毒であることから、飲食をしてはならないと心得ておきましょう。次に、エルダーフラワーにはさまざまな効果や効能があるといわれていますが、薬ではありません。妊娠中の気になる症状が、エルダーフラワーを摂取することによって必ず治るわけではないと知っておき、症状によっては専門医へ相談するようにしましょう。

また、エルダーフラワーは妊娠中でも使用することはできますが、つわりの症状がひどいときや体調不良のときなどは、ようすを見ながら摂取することが大切です。エルダーフラワーの香りなどは、妊娠中のすべての女性をリラックスさせ、効果をもたらすものではないため、無理のない摂取を心がけましょう。

どんな人でも取り入れやすいエルダーフラワー

マスカットのような甘くさわやかな香りはクセがないため、エルダーフラワーはどんな人にもおすすめです。特に、ひどいむくみに悩み、デトックス効果を得たいと思っているのであれば、利尿作用・発汗作用に優れたエルダーフラワーを積極的に取り入れると良いでしょう。エルダーフラワーを摂取する方法としては、ハーブティーやシロップ、ポプリなどの方法があります。エルダーフラワーのさまざまな摂取方法を楽しんでみると、毎日の生活にも無理なく取り入れることができるでしょう。

美活百科では他にも美容に関する記事を多数公開しております

ビューティーケア

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る