ビューティーケアスキンケア

ニキビの位置で分かる!体の健康状態を知ろう

第一印象を左右する顔。肌がキレイで透明感があると、清潔感があるなど良い印象を持ってもらえることでしょう。お手入れをしっかりしている女性も多いようです。しかし、ニキビはお肌のお手入れ不足だけが原因で起こるものではありません。顔のパーツごとに、ニキビができる原因と改善方法をご紹介いたします。

顔の中でもできやすい!額にできるニキビ

顔にあるさまざまなパーツの中でも、額はもっともニキビができやすいパーツです。
特に、「赤ニキビ」と呼ばれる炎症を起こしたニキビが多く見られることが特徴で、その原因は過剰な皮脂の分泌にあります。皮脂は肌を守るためにかかせないものですが、過剰に分泌されると毛穴を詰まらせ、さらにそこに細菌が繁殖すると炎症を起こしてしまいます。

また、「思春期ニキビ」ができやすい位置であることも特徴です。その原因はホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌と考えられおり、思春期のホルモンバランスの乱れは成長のために起こります。
大人の場合もホルモンバランスの乱れが原因の1つとして考えられていますが、思春期の場合とは異なり、生活習慣の乱れなどがホルモンバランスを乱す要因となっています。そのため、大人になってからも額にニキビができやすい場合は、食事のバランスや時間帯を見直したり、睡眠をしっかりとったりといった必要があるでしょう。
またシャンプーやトリートメントなどのすすぎ残しも、毛穴を詰まらせてニキビを生み出す原因となっています。特に額やこめかみはシャンプーやトリートメントが付着しやすい場所です。髪を洗った後やトリートメントが終わった後は、しっかりと洗い流すことを心掛けましょう。

潰さないように注意!鼻周辺にできるニキビ

鼻のニキビはできると目立ってしまいやすい場所です。さらに鼻にできるニキビには大きくなりやすい傾向があるため、ニキビを隠そうと潰してしまう人もいるようです。
しかし、ニキビは潰すと跡が残ってしまうことがあるため、決して潰してはいけません。まずは鼻にできるニキビの原因を知って、しっかり対策をしましょう。

鼻にできるニキビの原因は、額と同様で過剰な皮脂の分泌にあります。
鼻は顔の中でも最も毛穴が多いパーツといわれており、その分、皮脂の分泌量も多くなります。そのため、まずは皮脂の過剰分泌の原因となる生活習慣などを改善する必要があるでしょう。さらに、メイク残りが鼻のニキビの大きな原因となっていることもあります。
鼻は顔の中にある他のパーツと異なり、しっかりと凹凸がある箇所です。そのためメイクをきちんと落としきることができず、残ったメイクが毛穴に詰まってニキビを引き起こしているケースも珍しくないようです。
鼻のニキビが気になる場合は、鼻周辺のクレンジングや洗顔をより丁寧に行いましょう。クレンジング剤や洗顔料が鼻に残ると毛穴を詰まらせてしまうため、すすぎを丁寧に行うことも大切です。
また、汚れたメイク道具が細菌の温床となり、ニキビを引き起こす原因となることもあります。ファンデーションのパフなどは小まめに洗うようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れと関係!顎周辺にできるニキビ

顎にニキビができる主な原因にはホルモンバランスの乱れやストレス、胃腸の不調などがあります。胃腸にはビタミンB2やB6(皮脂の分泌を抑える働きのある栄養素)を生成する働きもあるため、胃腸が健康であれば皮脂の分泌量をきちんとコントロールすることができます。
しかし胃腸が不調だとビタミンの生成がうまくいかず、皮脂の分泌もうまく抑えることができません。さらに、胃腸の不調が免疫低下を招き、ニキビが炎症を起こしやすい状況を作ってしまいます。

また、顎は男性ホルモンの影響を受けやすい箇所です。通常、女性の体内には男性ほど男性ホルモンは分泌されていません。しかし、ストレスを強く受けたり、ためたりするとストレスに対抗する「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが分泌されてしまいます。
このコルチゾールには男性ホルモンの分泌を促す作用もあるため、ストレスを受けることで顎の皮脂腺が活発になり、ニキビができやすい状態となるのです。
さらに生理前後にニキビができやすくなる女性も多いようです。これはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが関係しており、プロゲステロンには皮脂を分泌する働きがあります。顎のニキビは症状が長引きやすいことが特徴のため、ニキビを見つけたら早めに対処するようにしましょう。

大人になるとできやすい!頬にできるニキビ

顔には「Tゾーン」と呼ばれる部分と、「Uゾーン」と呼ばれる部分があります。Tゾーンとは額と鼻の部分を表しており、主に思春期にニキビができやすいことが特徴です。それに対して大人ニキビができやすいのが「Uゾーン」と呼ばれる部分です。

Uゾーンとは顎と両頬のことを表しています。頬に大人ニキビができる主な原因には、ホルモンバランスの乱れやストレスの他に、肝臓へのダメージなどがあります。
肝臓とは体の老廃物や毒素を排出する働きや、皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロンを分解し、ホルモンバランスを保つ働きがある器官のことです。この肝臓の機能が低下すると、余分な老廃物や毒素が毛穴にたまったり、プロゲステロンが過剰になったりと頬にニキビができやすい状態となります。そのため、肝臓の機能を低下させる原因となるアルコールや油分の多い食事を控えることが大切といえるでしょう。
さらに、肝臓の機能の低下は新陳代謝の低下にもつながり、肌に余分な皮脂や角質をためて毛穴を塞いでしまいます。このような状態になった場合、生理前後などにピーリングを取り入れてみるのも良いでしょう。もちろん、ホルモンバランスを乱さないためにも、規則正しい生活を送ることやストレスをためすぎないようにすることも大切です。

不衛生な環境が原因かも… 首にできるニキビ

首にニキビができると痛くてネックレスができない、首元を出すおしゃれが楽しめないなど、さまざまなデメリットが生じてしまうことでしょう。
首にニキビができてしまう主な原因には、不衛生な環境によって細菌が感染してしまうことがあります。シャツなどの襟元が黄ばむことから分かるように、首も皮脂腺が多い箇所です。
特に前側よりも後ろ側に多く存在することが首の皮脂腺の特徴ですが、首の後ろ側は自分では見づらい部分でもあります。それゆえにしっかり洗えていなかったり、シャンプーやボディーソープのすすぎ残しがあったりと、キレイにケアができていない人も多いようです。
首回りに汚れや皮脂がたまると細菌が繁殖し、ニキビができやすい状態になってしまいます。また、冬の間同じマフラーをずっと使いまわしているなど、汚れている衣類も首回りが不衛生になる原因です。枕カバーやシーツ、パジャマなどの首に当たる寝具も同様のため、衣類や寝具はこまめに洗い、清潔に保つようにしましょう。
首のニキビの原因となる細菌は、顔のニキビの原因となる細菌と種類が異なることがあります。そのため自己判断でケアをせず、皮膚科を受診するようにしましょう。治療方法は皮膚科や医師によって異なりますが、外用薬や内服薬を使用する方法が有効とされています。

見逃さないで!ニキビは体のSOSサインかも

ニキビはできた位置によって原因が違います。
特に大人ニキビの場合はホルモンバランスの乱れや内臓の不調など、場合によっては体からのSOSが原因であることも考えられます。ニキビの症状が軽ければ、生活習慣などを見直すことで治せる場合もあるようです。しかし、なかなか改善されない場合やニキビがひどい場合は自己判断に頼らず、きちんと病院を受診することも大切です。
ニキビができた位置から治療方法を考えることで、肌だけでなく体調の改善にもつながることでしょう。

自宅のケアだけでは、中々ニキビが改善しないと言う方は、フェイシャルエステも検討してみては如何でしょうか。

ニキビでお悩みの方のエステ体験記はこちら

エステ体験記(ニキビ)

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る