ビューティーケアアンチエイジング

メイクを見直してプチ若返り!

いつもと同じようにメイクをしているつもりなのに、なんだか最近、パッとしない……そんな悩みを感じているなら、今のメイクと年齢がミスマッチしているのかもしれません。メイクをちょっと見直すだけで、見た目年齢はぐっと変わります。

年齢とともにメイクを変えてますか?

“いつもと同じ”メイクをしているのに見た目の印象が決まらないのは、ベースとなる顔が変化しているから。それなのに若いころと同じようなメイクを続けていると、かえって年齢を感じさせる “老けメイク”になってしまいます。
加齢とともに肌の色艶が落ちたり、目元や口角が下がってしまうのは自然なこととはいえ、暗く、沈んだ表情に見えて、マイナスの印象を抱かれるのは避けたいもの。年齢に合わせたメイクでうまくカバーして、イキイキとした明るい表情を演出しましょう。

若返りメイクのポイント

どちらも、新しく、高価な化粧品を買い足す必要はありません。手持ちのコスメの使い方や色味を変えることで実現できます。

ファンデーションより下地で勝負

肌のくすみを“隠そう”と考えると、ファンデーションを厚塗りしてしまい、かえって老け顔に。
まずは、ピンク系の化粧下地をしっかり塗ってくすみをカバーします。顔だけが浮かないよう、首に塗るのも忘れずに。 下地で肌が整えられているので、あとはリキッドタイプのファンデーションを薄く塗るだけで十分。
気になるシミなどがあれば、コンシーラーで部分的にカバーします。 仕上げのパウダーも、ブラシを使ったほうがつきすぎを防げ、透明感を保てます。手の甲などで余分な粉をしっかり落としてから使いましょう。

ポイントメイクでふっくら感を

ポイントメイクは、“ふわっと”“ふっくら”をめざしましょう。

眉

point.1

薄く細い眉は老けて見えます。ブラウン系を使い、ちょっと太目で、肌と自然になじむように描きましょう。
アイシャドウ

point.2アイシャドウ

目元は加齢とともにたるみやクマなどが出やすい場所だけに、ブラウン系を使うと目元の印象を暗くしてしまいます。ピンク系や明るいオレンジを選んで。
チーク

point.3チーク

「若づくりかも」と恐れず、ぜひピンク系にチャレンジ。無難なコーラル系は、せっかく明るくした肌をくすませてしまうことに。黒目の下あたりからふわっと広く、目じりへ向けて上向きにぼかすと、リフトアップ効果が出ます。
口紅

point.4口紅

本来の唇のラインより少し大きめに描いて、ふっくらと見せましょう。リップラインはくっきりひかず、ふわっとなじませるのがポイントです。はやりの淡い色より、華やかな色のほうが、表情を明るく、肌を白く見せる効果があります。
このほかに、“若返りメイク”にぜひ取り入れたいのは、涙袋用のコスメ。
本来、目元用ですが、ほうれい線や口角のふっくら感を出すのにも利用できます。
「自分にはこれが似合うはず」「こういうのは似合わない」という思い込みを捨て、自分らしさを輝かせるメイクを見つけてください。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る