ビューティーケアアンチエイジング

美味しく食べてキレイになる!チョコレートの美容効果とは?

アンチエイジングで大切なのは、何よりも継続することです。しかし、美容や健康につながることでも、つらいことを続けるのはなかなか難しいです。できれば、楽しいことや美味しいものでアンチエイジングにつなげることが理想といえます。そこで、今回はチョコレートを美味しく食べてアンチエイジングを目指す方法について紹介していきます。

チョコレートにはカカオポリフェノールが豊富

ポリフェノールを含むカカオ豆から作られているチョコレートは、活性酸素の発生を抑える効果が期待できるといわれています。体内に取り込まれた酸素の一部は酸化して活性酸素となり、シワ・たるみ・シミ・ニキビなど肌荒れや体の不調の原因につながりやすくなります。そこで、取り入れたいのがカカオポリフェノールです。ポリフェノールには、活性酸素の活動を抑える働きをしてくれる抗酸化作用があります。ポリフェノールが含まれている食べ物といえば、コーヒーやお茶、そして赤ワインなどがありますが、中でも特に多く含まれているのがカカオ豆なのです。
そのカカオ豆を原材料とするチョコレートは、活性酸素が原因と考えられるお肌の悩みや体の不調を予防してくれる効果が期待できます。

チョコレートのアンチエイジング効果

前述した通り、カカオ豆に含まれるポリフェノールには活性酸素がもたらすお肌の悩みや体の不調を予防してくれる抗酸化作用があります。ポリフェノールには様々な種類があるために単純に比較は出来ませんが、カカオに含まれるポリフェノール量は、赤ワインの2倍に相当する量だといわれています。そのため、カカオポリフェノールを含むチョコレートの抗酸化作用はそれだけ強い効果が期待できるのです。
ここでは、カカオ豆を原材料にしているチョコレートがアンチエイジングにどのような効果が期待できるのか、チョコレートの持つ知られざる力について紹介していきます。

美肌効果
体内に取り込まれた酸素の一部は、活性酸素となって体内の不調を引き起こす原因になります。病気になりやすいだけでなく、肌トラブルや老化の原因にもつながります。そのため、活性酸素の発生を防ぐことでアンチエイジング効果が見込めます。また、カカオポリフェノールには角質の水分を保持してくれる働きもあるためシワやたるみにも効果が期待できます。さらに、紫外線によって引き起こされるシミや肌の炎症を抑えてくれるなど、健康な肌を維持するのに良い効果を得やすい成分として注目されています。
冷え性を改善する
チョコレートを食べることは、冷え性の改善にもつながるといわれています。これは、カカオ豆に含まれるカカオポリフェノールに、手足などの体表温度が下がらないよう維持する働きがあることによるものです。そもそも、冷え性の原因には運動不足による筋力の低下や自律神経の乱れなどさまざまな要因があげられます。血行の悪化も冷え性の原因の一つで、カカオポリフェノールには血管を広げる作用があることから血行促進が期待でき、その結果として冷え性の改善につながるのです。
便通を良くする
チョコレートには食物繊維が豊富に含まれており、便の量を多くする食べ物として知られています。また、便通を改善する働きがあるとされるカカオプロテインも豊富に含まれているため、便通回数の増加、便色の改善、便量の増加が期待できます。しかし、カカオプロテインの働きはそれだけではありません。腸内フローラを整えてくれる作用も期待できます。腸内フローラとは、腸の中に生息している多種多様な細菌のことで、多くの花が群生しているように見えることからそう呼ばれています。腸内フローラには1000種以上ものさまざまな細菌が集まり、互いにバランスを取ることで腸内を良好な状態に維持してくれています。このバランスが崩れてしまうと便秘などを引き起こしやすくなります。カカオプロテインには、腸内フローラの細菌がバランス良く維持できるよう整えてくれる働きがあります。特に便秘の場合はニキビや吹き出物が出来やすくなり、また肌のターンオーバーにも影響を及ぼす可能性があります。肌荒れを起こさないようにするためにも、早めに改善しておくことが好ましいでしょう。

効果的な食べ方

美肌効果や体の不調の改善が期待できるチョコレートですが、ただ食べればいいというわけではありません。そこで、チョコレートの効果を最大限に引き出すための適切な食べ方について解説します。

どんな種類のチョコレート?
美肌効果や体調の改善が期待できる成分はカカオ豆に含まれているカカオポリフェノールやカカオプロテインです。そのため、アンチエイジングを目的にチョコレートを食べるなら、カカオ含有率が高いものが好ましいといえます。目安としては、カカオが70%以上使われているものを選んで食べるようにしましょう。カカオの含有率が高いほど効果も期待できますが、やや難点といえるのはカカオが多いほど苦味が増すということです。また、カカオ含有量が多いものは脂質やカフェインも多くなり、中にはアレルギーを起こす人もいるかもしれません。続けやすいということを考えれば、カカオ含有率を気にしながら自分の味覚や体質に合ったチョコレートを食べることが好ましいでしょう。
どれくらいの量のチョコレート?
健康や美容のためといっても、食べ過ぎるのはよくありません。効果的に食べるための適切な量は1日25グラム程度が一般的です。食べ方としては、1回5グラムほどの量を1日5回程度に分けるようにしましょう。25グラムといってもイメージしにくいかもしれませんが、市販されている一般的な板チョコレートの半分に相当する量です。つまり、通常の板チョコレート1枚で2日分という計算になります。この量を目安に食べるようにしましょう。もちろん、選ぶのはカカオ含有率が70%以上のものがおすすめです。チョコレートを食べると太ると心配する人もいますが、1日25グラム程度であれば体重やBMIの増加を気にせずに済む量といえます。また、メタボリック症候群にもつながりにくい量です。

続けて食べることがアンチエイジングの秘訣

アンチエイジングのためには継続することが重要なポイントです。チョコレートは好きな人な人も多く、携帯して食べやすいという手軽さがあるため生活の中に取り入れやすく、楽しく続けることができます。美肌や便秘の改善、冷え改善などさまざまな効果が期待できるチョコレートでのアンチエイジングも取り入れてみてはいかがでしょうか。

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る