ジュビラン公式、エステサロンの検索、エステ体験、評判、口コミ、美容と健康、コスメ情報サイト、美活百科

コスメレビュー ジュビラン化粧品、使い心地は?

美活百科

加盟店募集中
はじめてのエステサロン

美活百科美活部

2019.12.26 おすすめ『美容おせち料理』

皆さんはおせち料理お好きですか?

子供や若い人たちは、おせちはあんんまり好きじゃないという人が多いんじゃないでしょうか。

私も、昔は嫌いでした。
基本的に冷たい食べ物ですし、おいしいと思う物がなかった。

お酒をたしなむようになって、ようやく、おせちっておつまみに良い!おいしい!と思うようになりました。
でも、なんだか、塩分は気になるような…

でも調べてみると、意外や意外、あ、以外におせちって肌や体にいいんだな、と分かりました。

おせちを好きじゃない皆さん、実は「美容」によい食材・料理が入っているって知っていますか?
おせちが好きな皆さん、なんとなくのマイナスイメージで避けているおせち料理が実は「健康」に良いと知っていますか?

是非、ご一読ください。

●数の子

私は大好きなのですが、プリン体、コレステロール、塩分…となんだかマイナスイメージありませんか?
でも調べてみると、全然そんなことないんです。
これはご存知の方も多いと思いますが、数の子はニシンの卵。
魚卵なのでコレステロールを気にされる方がいると思いますが、実は数の子に含まれるコレステロールは鶏卵の3分の1くらいで、イクラなどの他の魚卵に比べても少ないんです。
また、青魚に多いイメージのEPA、DHAも、実は、数の子はさんまやまぐろを上回ります。
EPA、DHAは、体内でのコレステロールの合成を抑え体外への排出を早めてくれる作用があるので、数の子を食べるとコレステロール値が下がっていくんですよ。

●黒豆

黒豆は、黒大豆といって、大豆のひとつです。大豆と違うのは皮が黒いということ。
その黒色は「アントシアニン」という色素成分で、ポリフェノールの一種です。
アントシアニンの抗酸化作用は、老化の原因となる活性酸素の発生を抑制する性質があり、シミシワのなどの肌の老化を抑える効果も期待できます。大豆ですので、女性ホルモン用作用もあり、エイジングケアを気にされている方は、おせちの中でも黒豆がおすすめ。
ちなみに私が作る時は、黒豆だけでも甘味があるので、砂糖は少なめにし、ゆずの皮としぼり汁で爽やかさを出しています。

●かまぼこ

おせちには必ず入っているかまぼこ。
「所詮加工食品だし、魚そのものよりも劣る」と思っていたのですが、かまぼこは魚肉から脂肪や不純物を取り除き、上質のたんぱく質を使って作られている、高たんぱく・低脂肪なヘルシーフードなのです。
たんぱく質は体を作るために欠かせない栄養素。肌や髪、爪もたんぱく質で構成されているので、タンパク質が不足すると爪や髪が傷む原因になります。タンパク質を取るのに、まず、お肉や魚を思いつくと思いますが、それらはタンパク質も取れますが脂質やカロリーも気になりますよね。かまぼこは、脂質や炭水化物も少なく、美容・健康に適してた食品なんですよ。

このほかにも、煮締めに入っている根菜は食物繊維を豊富に含みますし、紅白なますの人参に含まれるβカロテンは抗酸化作用があります。

おせちは縁起物として義理で食べている人が多いかもしれませんが、健康や美容に良い料理もたくさんあります。新年から「今年も健康で美しく」過ごせるよう、旦那さんやお友達、お子様と話しながらおせち料理を召し上がってみてはいかがでしょうか。

美活百科では美容にいいレシピ公開してます。
おせちの1品に加えてみてはいかがでしょうか♪♪

レシピ⇒https://www.bikatsu.jp/list/recipe/

1739265