たるみのないキュッと引き締まった小顔になるための簡単エクササイズとは?

たるみのないキュッと引き締まった小顔になるための簡単エクササイズとは?

小顔だを遠ざける生活習慣や小顔効果が期待できる簡単なエクササイズなどをご紹介します。

顔が大きくなってしまう原因とは?

キュッと引き締まった小顔は、女性の永遠の憧れですよね。小顔になると目が大きく見えたりスタイルが良く見えたりするので、多くのメリットがあります。
小顔になるために美顔器を使ったり、マッサージを入念に行ったりしている人もいるのではないでしょうか。むくみやエラの張り、脂肪がついてフェイスラインがたるむなど、人によって顔が大きくなってしまう原因は異なります。
そのため、日頃の生活習慣で知らず知らずのうちに、小顔を遠ざけている可能性もあるのです。例えば、姿勢が悪くあまり運動をしない人や、お風呂は湯船に浸からずにシャワーだけで済ませてしまう人は、血行が悪くなりやすいので老廃物が溜まりやすい傾向にあり、顔のむくみを引き起こす原因につながることもあります。

噛み締めグセのある方は要注意!

また、普段何もしていない時に上下の奥歯が当たっている人は、噛み締めグセがあるということになるので、エラの筋肉を常に使っている状態になります。エラの筋肉が張ると頬骨も張りやすく、顔が大きくなってしまう原因になります。 これに当てはまる人は、日頃から意識して噛み締めないようにしましょう。
ほかにも、食事の時にあまり噛まずに食べている人は咀嚼筋を使わないため、筋肉が弛緩して、たるみ、小顔を遠ざける原因になります。
これらの小顔を遠ざける生活習慣を続けていると、せっかく小顔になるためのマッサージなどを行っても、効果が半減したりいつまでも効果が出なかったりするので気をつけましょう。顔が大きくなる習慣を意識してなくすことで、小顔にいち早く近づけるでしょう。

表情筋を鍛える運動ですっきり小顔になる!

表情豊かな欧米人は、60%以上表情筋を使っているのに対し、日本人は20%ほどしか表情筋を使っていないといわれています。
(参考元:http://houreisen.50dai.info/hyoujyoukin/nihon.html)英語に比べて日本語はあまり舌を動かさず、顔の筋肉を動かさなくても発音できることが原因のようです。
ボソボソと小声で話すクセがある人なども、表情筋が衰えやすく、頬や輪郭などの脂肪を支える力が低下してしまい、二重あごなどの顔が大きく見える原因になってしまいます。表情筋を鍛えれば、頬やあごのたるみも改善され、キュッと引き締まった小顔になれるでしょう。

表情筋を鍛えるエクササイズ「あいうえお」発音

表情筋を鍛えて小顔になるエクササイズは、モデルや女子アナも行っているおすすめの方法です。その方法とは「あいうえお」と発音練習をするように発音することです。ひとつひとつの音を大げさに発音することがポイントです。

「あいうえお」発音のポイント

「あ」と発音する時には口を大きく開け、あごをできるだけ下に下げることを意識します。こうすると、普段使っていない筋肉が刺激されて、筋肉が疲れるような感覚になる人もいます。次に「い」と発音する時には、口を思いきり横に伸ばすことでエラが動き、首の筋肉も刺激されるので、首をすっきりさせる効果もあるとされています。
「う」と発音する時には口をすぼめ、「え」の時には舌をなるべく出すようにすると、あごの筋肉が刺激されます。「お」の発音の時は「う」と同様に口をすぼめます。この「あいうえお」の発音練習を気がついた時に行っていると、数日のうちに顔の筋肉が引き締まり、顔がキュッと小さくなるのが分かるでしょう。
この方法は何も道具を使わず、場所もどこでも行えるため、誰でも簡単に行いやすいエクササイズになります。

リンパを流して簡単に小顔になれる方法とは?

小顔になるには、リンパマッサージが効果的といわれています。顔だけに限らず、エステサロンなどで全身のリンパマッサージを行って、美しさに磨きをかけている人もいることでしょう。リンパ管とは、老廃物を流す管のことです。
リンパのある辺りをマッサージすることで、顔のむくみの原因となる老廃物をスムーズに流してくれるようになるので、小顔に効果的だといわれています。

リンパマッサージのポイント

やり方は、まずは目のまわりを指で円を描くようにクルクルとなぞります。目のまわりは敏感な箇所なので、指の腹で優しく皮膚を押すようにマッサージするのがポイントです。次に、両手であごのフェイスラインをマッサージします。この時、あごの皮膚を持ち上げるようなイメージで、下から上に向かってマッサージをします。
そしてさらに、頬骨をマッサージします。手で下から上に向かって優しく持ち上げるイメージで行うと良いですね。最後におでこを手のひらで触り、頭の前から後ろに向かって皮膚を押し出す用にマッサージします。この時に、皮膚が適度に引っ張られて気持ち良いくらいの力加減で行うことがポイントになります。
以上の流れでリンパマッサージをすれば、リンパの流れがよくなって老廃物がスムーズに排出され、顔のむくみがすっきり解消されるでしょう。入浴後など、血行が良い時に行うとさらに効果を実感しやすくなります。テレビを見ながらなど好きな時に行えるので、毎日の小顔ケアに取り入れてみてはいかがでしょう。

フェイシャルエステってどんなところ?気になる方はエステ体験記をチェック!

エステ体験記

ローラーを使って小顔になるには?

手や指を使って丁寧にマッサージすることで小顔に近付くことができますが、道具を使った小顔マッサージもおすすめです。小顔になるためには、ローラーを使うことも効果的といわれています。美顔ローラーは、人の指ではできないような動きも可能なので、顔痩せに効果を発揮しやすい道具です。
ローラーは、適度に皮膚を巻き込んでつねりながらマッサージができるので、顔の筋肉をほぐしたりリンパの流れを良くしたりする効果があるとされています。美顔ローラーはバラエティショップやオンライン通販などでも手軽に購入できるので、小顔効果を高めたいという人は、試してみるのも良いですね。

美顔ローラー小顔マッサージのポイント

美顔ローラーを使って小顔マッサージをする際は、転がす向きに気をつけることが大切です。顔の中心部から外側へ、下側から上へ向かって転がすと皮膚のたるみが解消され、小顔効果を実感しやすいようです。
美顔ローラーをこれらの方向と逆向きに転がすと、逆効果になってしまうので気をつけましょう。また、無理に力を入れすぎず、軽い力でコロコロと転がすイメージで行うこともポイントです。
美顔ローラーは安価なものから高級品まで、さまざまなグレードのものが販売されています。なかには微弱な電流が流れて顔の引き締め効果をアップしてくれるタイプや、お風呂で使用できるタイプもあります。自分の用途や好みで選べるところもおすすめです。

顔にも運動が大切!エクササイズで効果的に小顔になろう

体に運動が必要なのと同じで、顔にも表情筋などを鍛える運動(エクササイズ)が大切になります。日頃あまり人と話さない人や笑うことが少ない人は、特に表情筋を使うことが少ないので、顔の皮膚がたるみやすい原因になってしまいます。
普段なるべく表情豊かに過ごすことを心がけながら、小顔に効果的なエクササイズを取り入れれば、即効で小顔効果を実感できる人もいるでしょう。女性らしいキュッと引き締まった魅力的な小顔になるために、ご紹介したエクササイズを試してみてはいかがでしょう。顔はほかの部位に比べて、早く効果を実感しやすいのでおすすめです。

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
アンケート調査
美容占い
ふたご
ふたご座
対人面では忙しくなる半面、思いもよらない...
続きはこちら
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る