ビューティーレシピ

ミニトマトとうずら卵のピクルス
ミニトマトとうずら卵のピクルス

コロコロした形と小さいサイズがかわいらしいミニトマトとうずら卵ですが、どちらも小さな中に美肌に役立つ栄養素がぎゅっと詰まっています。
ミニトマトは大きなトマトよりもβカロテンやリコピン、ビタミンCが豊富に含まれ、これらは抗酸化作用があり、シミやソバカスなどの悩みやアンチエイジングに効果が期待できます。また、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促して肌のハリを与えたり、βカロテンは体内でビタミンAとなって働き、乾燥肌対策に役立ったりします。
うずら卵はビタミンEや、ビタミンAが鶏卵よりも多く含まれています。
どちらも肌のハリやうるおいのために役立ち、肌の材料となる良質なタンパク質も摂ることができます。
ピクルスはあと1品欲しいときにも便利なおかずです。栄養たっぷりのミニトマトとうずら卵を使ったピクルスで手軽に美肌対策はいかがでしょう。
最近ではカラフルなミニトマトがあり、色によってβカロテンが豊富だったり、アントシアニンが含まれていたり、それぞれ違った栄養素や魅力があります。定番の真っ赤なミニトマトに加え、お好みの彩りで楽しんでみるのもよいでしょう。
(※カロリーは漬け汁を40%摂取するとして算出してあります。)

材料(2人分)
ミニトマト 10個(150g)
うずら卵(水煮) 6個(54g)
大さじ5(75g)
大さじ5(75g)
砂糖 大さじ2(18g)
小さじ1(6g)
ローリエ 1枚
カロリー(1人分換算):88kcal
作り方
調理時間:10分
  • 水、酢、砂糖、塩を鍋に入れて煮立てて冷ます。
  • 粗熱が取れたらミニトマトとうずら卵、ローリエを入れて、冷蔵庫で漬け込む。30分程で食べられますが、半日程度漬け込むとおいしいです。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る