ビューティーレシピ

麻婆納豆豆腐
麻婆納豆豆腐

定番の麻婆豆腐に納豆を加えたアレンジは便秘対策にも役立つ一皿です。便秘の悩み解消のポイントの一つに食物繊維の十分な摂取があげられますが、納豆は食物繊維が豊富です。食物繊維には便のかさを増やす作用などがある不溶性食物繊維と、便を柔らかくしたり、腸内環境を整えたりする水溶性食物繊維があり、納豆はこの2種類の食物繊維をどちらも多く含んでいます。
また、納豆は腸内の善玉菌の割合を増やして腸内環境を整えてくれます。腸内細菌のバランスが崩れて腸内環境が悪化すると便秘がちになってしまうので、腸内環境を意識した食事も心がけたいですね。
そして風味や辛味で料理をおいしくしてくれる香辛料も便秘の悩み解消に役立ちます。香辛料や酢などは腸に刺激を与え、排便を促してくれるのでうまく取り入れていくとよいです。トウバンジャンのピリ辛味がおいしい麻婆納豆豆腐にも、仕上げにお好みで花椒や胡椒、一味唐辛子などの香辛料をかけてみてはいかがでしょう。スパイシーな味わいが楽しめて便秘の悩み解消にもおすすめです。

材料(2人分)
絹豆腐 1/2丁(200g)
納豆 1パック(50g)
豚ひき肉 75g
長ねぎ 1/4本(25g)
にんにく 1片(5g)
しょうが 小1かけ(5g)
ごま油 大さじ1/2(6g)
トウバンジャン 小さじ1(6g)
A:酒 大さじ1(9g)
A:オイスターソース 大さじ1/2(9g)
A:醤油 大さじ1/2(9g)
B:顆粒鶏がらだし 小さじ1(2.5g)
B:お湯 1/2カップ(100ml)
片栗粉 大さじ1/2(4.5g)
小ねぎ 少々
花椒、胡椒、一味唐辛子など 適量
カロリー(1人分換算):254kcal
作り方
調理時間:20分
  • 長ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。豆腐は1cm厚さの3cm角に切る。AとBをそれぞれ混ぜておく。
  • フライパンに ごま油をひいて長ねぎ、にんにく、しょうがを炒める。香りがしてきたらトウバンジャンを加え炒め、豚ひき肉を入れて色が変わるまで炒める。
  • 合わせたAとBを②に加え、納豆と豆腐も加えて2~3分煮る。
  • 片栗粉を大さじ1の水で溶いて③に加え、とろみをつけたらお皿に盛り、刻んだ小ねぎとお好みで花椒などをかける。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る