ビューティーレシピ

ぶりと水菜のはりはり鍋
ぶりと水菜のはりはり鍋

はりはり鍋は鯨肉と水菜を使った近畿地方の鍋料理です。今回は水菜と同じく冬が旬のぶりを使ったはりはり鍋をご紹介します。「はりはり」は水菜のシャキシャキした食感から来た表現ですが、肌のハリにも効果的な栄養素が摂れます。
ハリのある肌のためにはコラーゲンの材料になるタンパク質とビタミンCをしっかり摂ることが大切ですが、ぶりは良質なタンパク質が、水菜はビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは熱に弱いので、水菜は加熱しすぎず、シャキシャキした食感を楽しめるようにさっと加熱していただけば、おいしく肌にもよいでしょう。少し加熱するだけでも水菜はかさが減って量を食べやすくなりますよ。
また、水菜に豊富なβカロテンやビタミンE、そしてぶりから摂れる必須脂肪酸は乾燥肌の予防・改善にも役立ちます。空気が乾燥する冬は肌の乾燥も気になりますが、旬の食材が季節の肌の悩みを解消してくれそうですね。
旬のおいしいぶりと水菜を使ったはりはり鍋で、ハリと潤いのある冬の美肌を目指してみてはいかがでしょう。

材料(2人分)
ぶり 2切れ(200g)
水菜 1袋(200g)
長ねぎ 1本(100g)
昆布だし 2.5カップ(500ml)
大さじ3(45g)
薄口醬油 大さじ1(18g)
小さじ1/3(2g)
カロリー(1人分換算):336kcal
作り方
調理時間:20分
  • ぶりは3~4等分に切り、ザルに並べて湯をかける。水菜は根元を切り、長さ4~5㎝に切る。長ねぎは幅2cmの斜め切りにする。
  • 土鍋にだし、酒、薄口醤油、塩を入れて火にかける。煮立ったらぶりを入れて煮る。
  • ぶりが煮えたら長ねぎを加えて煮て、水菜を加えてさっと火を通して煮汁ごと取り分けていただく。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る