ビューティーレシピ

チキンラタトゥイユ
チキンラタトゥイユ

夏の強い日差しにUV対策を意識される方も多いかと思います。そんなときは夏野菜をたっぷり使ったラタトゥイユはいかがでしょう。
ラタトゥイユはフランスのプロヴァンスやニースで食べられている郷土料理です。夏野菜をたっぷりと使った煮込み料理には、美肌に役立つ成分がたっぷり含まれています。
トマトの赤い色素のリコピンや、茄子の紫色の色素のアントシアニンには抗酸化作用があります。紫外線によって肌がダメージを受けると、シミやシワを作る原因になる活性酸素が発生します。この活性酸素を除去したり、働きを抑えてくれたりするのが抗酸化作用をもつ物質です。パプリカに多いビタミンC、E、カロテンも抗酸化作用があります。
また、ビタミンCは体内のコラーゲン合成に欠かせない物質で肌のハリやうるおいと関係があり、ビタミンEは細胞膜の酸化による老化を防ぐのでアンチエイジング効果も期待できます。
このように美肌に役立ちそうなラタトゥイユですが、肝心のお肌の材料となるタンパク質も忘れてはいけません。今回は鶏肉を入れて、タンパク質もビタミンも抗酸化物質も一緒に摂れるチキンラタトゥイユのレシピをご紹介します。お好みでピーマンやかぼちゃを加えたり、鶏手羽の代わりにもも肉や胸肉にアレンジしたりすることもできますよ。旬のおいしさで美肌も手に入れましょう!

材料(2人分)
鶏手羽元 4本(250g)
少々(0.5g)
胡椒 少々
薄力粉 大さじ1/2(4.5g)
玉ねぎ 1/2個(100g)
茄子 小1本(100g)
パプリカ(赤・黄) 1/2個ずつ(合計150g)
ズッキーニ 1/2本(75g)
トマト 1個(150g)
にんにく 1かけ(5g)
オリーブオイル 大さじ1/2(6g)
白ワイン 1/4カップ(50g)
ローリエ 1枚
小さじ1/4(1.5g)
お好みでタイム、オレガノ、バジルなど 少々
カロリー(1人分換算):291kcal
作り方
調理時間:50分
  • 鶏手羽元は塩、こしょうを振っておく。玉ねぎは1㎝角、茄子、パプリカ、ズッキーニは1.5㎝角に切り、トマトはざく切り、にんにくは微塵切りににする。
  • 鶏手羽元の水分をキッチンペーパーでふきとり、薄力粉を薄くまぶし、熱した鍋にオリーブオイルをひいて焼く。転がしながら表面全体を焼いたら、一度お皿に取り分ける。
  • 2の空いた鍋に玉ねぎとにんにくを入れて炒める。しんなりしてきたらズッキーニ、茄子、パプリカの順で加えていき、そのつど炒め、全体がしんなりとしたら2の鶏肉とトマト、白ワイン、ローリエを加えて煮込む。一緒に好みのハーブを加えてもよい。
  • 焦げないように途中で底を混ぜながら、弱火で10~15分煮込んで、トマトソースが肉と野菜によく馴染んだら塩で味を整えて完成。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

オススメレシピをすべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る