ビューティーケアアンチエイジング

夏の紫外線によるダメージヘア!頭皮からケアを始めよう

夏になって日差しが強くなってくると、肌の日焼けも気になりますが、髪へのダメージも心配になってきますよね。夏の強い紫外線による髪へのダメージに対処するためには、実は髪だけでなく頭皮のケアも重要なのです。夏に髪や頭皮がダメージを受けたままになっていると、秋になってからフケやかゆみ、抜け毛などに悩まされてしまうかもしれません。ダメージヘアの効果的なケア方法を紹介するので、しっかりケアされた綺麗な髪で、夏を楽しく過ごしましょう。

パサつきは髪の毛の日焼け!

夏の暑さで髪がパサついたり、気づいたら赤茶色くなったり、抜け毛や切れ毛が増えてきたりという経験がある人も多いのではないでしょうか。これらは髪の日焼けが原因となっている場合があります。

髪や頭皮は顔や手足と違って、紫外線対策が十分でないことがあります。腕や背中、脚には日焼け止めを塗ったり、服でカバーしたり、日焼けに気をつけている人も多いでしょう。しかし、髪や頭皮にまで日焼け止めを塗るのは難しく、帽子でも毛先まではなかなかカバーしきれないこともあります。 無防備に紫外線を受け続けると、髪の毛や頭皮でも、肌と同じように日焼けをしてしまいます。髪が紫外線の影響を受けると、たんぱく質が破壊され、キューティクルが傷ついてしまいます。髪の毛はケラチンを始め、様々なアミノ酸で構成されているのですが、このアミノ酸は紫外線を浴びて酸化すると別の物質に変化してしまいます。これが、日焼けによる髪のパサつきの原因です。

また髪に含まれる褐色のメラニン色素が分解されて赤茶色く髪が退色してしまいます。さらに日焼けにより頭皮が炎症を起こし、乾燥するために抜け毛や切れ毛ができてしまいます。

髪と頭皮にも紫外線対策が必要

日焼けによるダメージヘアを防ぐために、髪と頭皮にも、肌と同じように紫外線対策が必要です。なぜなら、身体の中でもっとも日焼けしやすい部位が、髪の毛と頭皮だと言われているからです。特に髪の分け目の部分は、顔の約2倍の紫外線を浴びると言われています。 顔や手足の紫外線対策を入念に行う人でも、髪や頭皮の紫外線対策は怠りがちです。

外出時は、帽子や日傘を使って、髪や頭皮が紫外線の影響を受けないようにすることが大切です。帽子や日傘を使えないときは、髪や頭皮にも使えるスプレータイプなどの日焼け止めを使って、紫外線対策をするようにしましょう。ボディ用の日焼け止めも同様ですが、髪や頭皮への日焼け止めも、2〜3時間おきにつけ直すことがポイントです。 特に水に濡れた状態の髪の毛は酸化しやすい状態となるため、海やプールで紫外線を浴びると、たった1日でも大きなダメージに繋がってしまいます。念入りな日焼け対策をしましょう。

また、ヘアスタイリングの際に髪の分け目を変えることも、頭皮の紫外線対策に繋がります。紫外線を防げるわけではありませんが、毎日同じ場所だけがダメージを受け続けることは避けられます。

ダメージヘアのシャンプー方法は?

ダメージを受けてしまった髪をケアするためには、シャンプーをするときにも注意が必要です。刺激を与えないようにシャンプーも控えたほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、シャンプーをしないと汚れを残したままになり、かえって頭皮環境を悪化させてしまいます。刺激の少ないシャンプーを選んで、頭皮をこすらないように洗うなどの工夫をして、きちんと汚れを落とすようにしましょう。

まず、シャンプーの前に軽くブラッシングをして、絡まった髪をやさしくほどきながら、頭皮の血行を良くします。髪が長い場合は、まず絡まりやすい毛先をブラッシングし、次に中間部分、最後に根元をブラッシングするのがコツです。力をかけすぎると髪が切れたり、枝毛になってしまったりするので、髪や頭皮に負担をかけない程度の力で軽く行うことが大切です。絡まっている髪を力任せに引っ張るのは、髪にも頭皮にもよくないので、力加減には気をつけましょう。

次に、ぬるま湯を髪全体に行き渡るように流して、頭皮の余分な皮脂や髪表面の汚れを流します。そしてシャンプーを手に取り、しっかり泡立ててから髪に乗せ、指の腹を使い頭皮を包み込むようにやさしく洗いましょう。コンディショナーは、髪の水分を軽く切り、軽くなじませてからぬるま湯で流します。トリートメントやヘアマスクを使ってケアする場合は、5~10分程度蒸しタオルで髪を包んでから行うと成分が浸透しやすいのでおすすめです。

髪や頭皮が日焼けしている状態なので、シャンプーした後のクールダウンも大切です。シャンプー後は、冷やしたタオルなどを髪や頭皮にあててあげるとより効果的です。日焼けによるダメージヘアのケアで一貫して大切なのは、頭皮にも髪にも負担をかけないことです。

頭皮と髪に優しい乾かし方は?

シャンプーが終わったら、次は髪を乾かすときのポイントです。頭皮と髪に優しい髪の乾かし方をマスターして、ダメージヘアをケアしてあげましょう。まず、最初にしっかりタオルドライをしましょう。タオルに水分を吸わせるように、やさしくタオルドライすることが重要です。タオルドライを先にしっかり行っておくことで、ドライヤーを使う時間が短くなり、髪や頭皮への負担を少なくすることができます。

ドライヤーをするときは、温風の吹き出し口を髪や頭皮に近づけすぎないように気を付けましょう。髪から30cm程度離れたところから温風を当てるようにし、熱が1カ所に集中しないように、ドライヤーの吹き出し口を軽く振りながら乾かすのがコツです。

日焼けした頭皮のリカバリー方法は?

紫外線のダメージで頭皮が日焼けしている状態で放っておくと、肌と同じように頭皮も老化してしまいます。乾燥した頭皮には専用の保湿液を使ってしっかり水分を補いましょう。また頭皮が敏感になっている間はパーマやカラーは控えて負担をできるだけ減らすことも大切です。

正しい紫外線予防とアフターケアで髪と頭皮を守り、パサつきやきしみがない、しっとりと潤いのある綺麗な髪で楽しく夏を乗り切り、秋を迎えましょう。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る