ビューティーケアスキンケア

ニキビとカビが原因の肌トラブルの違いは?

肌のトラブルにはさまざまなものがありますが、その中でもニキビに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。しかし、ニキビだと思っていた肌トラブルが、実はカビが原因でおこる別の疾患という場合があります。症状が悪化すると皮膚炎なども引き起こすため、油断することはできません。
この記事ではカビとニキビによる肌トラブルの違いや具体的な症状、予防方法について紹介します。

顔カビとニキビの違いは?

顔カビなどのカビが原因となる肌のトラブルの数々は一見するとニキビの症状はよく似ています。そのためカビがニキビの原因にもなると錯覚しがちです。しかし、結論からいうとカビによる肌のトラブルとニキビは違います。
まず、ニキビは主に毛穴のつまりと皮脂が原因といわれています。このような状態が一旦起きると、肌のターンオーバーが上手にいかなくなります。そして、過剰な皮脂が発生して毛穴が詰まり、それが原因でさらに皮脂が詰まっていくという悪循環になっていくのです。このようにして詰まった皮脂はアクネ菌と呼ばれる細菌の餌となり、増殖して炎症を起こします。結果的にこれがニキビとなるのです。

一方、カビによる肌のトラブルの場合は、マラセチア菌という皮膚に常駐している菌が原因です。そのため、アクネ菌が原因のニキビとは菌の種類が違うことになります。マラセチア菌はもともと肌に住み着いている菌なので、通常の数ならまったく問題はありません。しかし、この菌は湿気や汗などによって増殖するという特徴を持ちます。そして、一旦増殖すると肌が拒絶反応を起こすため、炎症などの症状が起きるのです。この他にも、疲れているときや風邪を引いているときなど、身体の免疫力が落ちているときに発症しやすいというのもニキビとの違いです。また、症状が悪化すると痛みを伴うおできになったり、跡が残ってしまう症例も報告されています。

カビとニキビの見極め方

カビが原因の肌トラブルとニキビは発症後の対処法もそれぞれ異なります。そのため、肌のトラブルが起きたときはどちらが原因なのかを良く見極める必要があるのです。具体的に見極める方法としては、赤いブツブツの出方を観察するというものがあります。一般的に赤いブツブツが大小不ぞろいであり、大きいものも小さいものも混ざっているような状態ならニキビの可能性が高いでしょう。特に大きいブツブツというのはニキビ特有のものです。

一方、カビが原因の症状の場合、光沢のある細かいブツブツが出るという特徴があります。その赤いブツブツもニキビのように不ぞろいではなく、細かく均等に分布する傾向が強いです。ただ、素人では判断が難しい場合もあるので、そのようなときは速やかに医者などの専門医を受診しましょう。

カビによるトラブルとは?

顔面に大量に増えたカビは様々な悪影響を与え、かゆみやかさつき、炎症といった肌トラブルを起こします。顔カビの厄介なところは一度症状が現れると自然治癒が難しく、完治させるためには専門医の診察が必要となります。

またカビによる肌トラブルは顔面付近だけで起こるものではありません。背中や首、デコルテなどの場所にも同じようなトラブルを引き起こすことで知られています。具体的な症状としては赤いブツブツが出てくるのが特徴で、一見するとニキビのように見えることもあるのです。また、このような症状は顔カビのときとほぼ同じものです。この赤いブツブツは正式名称で「毛のう炎」と呼ばれており、黄色ブドウ球菌などの細菌と共に、マラセチア菌が原因で引き起こされます。つまり、顔と体の各肌トラブルは発生する場所が違うだけで、カビという原因は共通しています。したがって、症状も同じものになるのです。

正しい方法でニキビやカビを予防しよう

カビが原因の肌トラブルは一旦発症すると治りづらいという特徴があるため、事前に予防することが大切です。具体的な予防方法としてはストレスをため込まないこと、充分な睡眠を取ること、脂っぽいものを食べすぎないこと、枕カバーやフェイスタオルをこまめに洗濯することなどが挙げられます。常に清潔を保ち、体調管理をしっかりと行うことが予防策につながるのです。
特に人目に触れることの多い、顔部分のカビはしっかりと防ぎたいものです。
気をつける点はさまざまありますが、まず行いたいのは正しい洗顔を毎日の習慣とすることでしょう。また、洗顔のより毛穴の汚れを取りアクネ菌の繁殖を防ぐことにもなるので、ニキビ予防にもなります。ただし、汚れを落としたいからといって、強く肌を擦るのはよくありません。泡立てネット等で洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で優しく顔を覆うように洗いましょう。手を動かすときも泡を擦り込むのではなく、浸透させるように優しく円を描くようにスライドさせることが大切です。
すすぐ際もぬるま湯をためた両手を顔に近づけて、かけるようにして丁寧に洗い流してください。

また、肌の乾燥を気にして過剰に保湿をする人もいますが、これも顔カビ予防という観点ではマイナスになります。なぜなら、過剰に保湿された状態はカビが発生しやすい環境になるからです。したがって、カビ防止を最優先で考えるなら、行き過ぎた保湿も控えたほうが良いでしょう。
常に肌を清潔に保って原因菌を抑制し、肌トラブルを防ぎましょう。

ミクロの泡で汚れをすっきり落とすならホワイトフォーム

ホワイトフォーム

美肌を目指すなら洗顔が大切!おすすめの方法を紹介

ビューティーケア

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る