ビューティーケアスキンケア

化粧をした後のテカリを防ぐメイク方法とは?

時間をかけて念入りに化粧をしたのに、テカリが気になってしまうことがあります。せっかくメイクがきれいに仕上がってテンションも上がっていたのに、テカリが目立つのは残念です。そんな事態を防ぐためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、化粧をしたあとのテカリを予防するメイク方法について、ポイントを押さえながら説明します。

テカリの原因って?

顔のテカリには、主に2つの原因が挙げられます。一つは、皮脂分泌が多くなり過ぎてしまうことです。特に気温が高くなるシーズンには、どうしても皮脂の分泌が活発になる傾向があります。暑い季節には肌の表面に排出された皮脂が汗と混ざり合うので、それがテカリの原因になってしまうのです。もちろん、気温以外にも皮脂の分泌量を増加させてしまう要因はあります。皮脂はホルモンバランスにも左右されるため、月経の周期による影響を受けやすいのです。ストレスや食生活がきっかけになって、皮脂の分泌が増えてしまうこともあります。

テカリの引き金となる、もう一つの原因は乾燥です。なんらかの理由で肌内部に含まれている水分量が減ると、肌は乾燥してしまいます。すると、不足した水分を補おうとして、皮脂の分泌が多くなってしまうことがあるのです。肌の表面には皮脂が浮き出てくるため、肌が乾燥していることを自覚しにくいケースもよくあります。表面は皮脂でカバーされていても、肌の角質層には水分が足りなくなる、いわゆるインナードライの状態になっています。肌の乾燥といえば、冬にありがちな空気の乾燥を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、湿度の高い夏場でも冷房の効いた部屋の空気は乾燥しています。つまり、夏にも肌は乾燥した空気にさらされて角質層から水分が奪われているのです。冬と同様に、インナードライになるリスクも高いというわけです。

テカリを防ぐにはテカリ防止の下地を選ぼう

化粧下地を使う目的は、主に肌のくすみをコントロールしたいからという声を多く耳にします。しかし、化粧下地は種類が豊富なので、いまや肌の悩みを解消するために使い分けるアイテムになりました。過剰な皮脂分泌が原因で顔のテカリが気になる人には、皮脂を抑える成分が配合されている下地がおすすめです。特に皮脂腺が多くてテカリやすいのは、額から鼻にかけてのTゾーンです。このパーツには出過ぎてしまう皮脂を抑えてテカリを防止し、肌をさらさらにキープしてくれるタイプの下地を使用しましょう。

一方、頬から顎にかけてのフェイスラインにあたるUゾーンは、Tゾーンとは違って皮脂腺が少ないパーツです。したがって乾燥しやすいため、Tゾーンに使うのと同じ化粧下地を塗ると、肌が余計に乾燥してしまうことになります。TゾーンとUゾーンには、それぞれ使用する化粧下地を分けましょう。乾燥が気になりやすいUゾーンには、保湿効果のあるタイプを選びます。パーツごとで化粧下地を使い分けることにより、ベースメイクの仕上がり具合や化粧のもちに現れる差も大きくなります。

テカリを抑えるベースメイクのしかたは?

テカリを抑えるためには、ベースメイクの塗り方にコツがあります。
まずは準備として化粧下地を顔全体に塗ります。
次に、手のひらにリキッドファンデーションを出し伸ばします。そして薬指に取り、顔の中央から外側に向かって指を縦に1本ずつずらしながらファンデーションを置いていきます。
置き終わったら、手のひらで顔を優しく覆うつもりで、軽く叩き込みながら、顔の内側から外側に手を移動させます。フェイスラインまできたら、ファンデーションを外側に引き伸ばします。ムラがないか顔全体で確認して馴染ませましょう。ファンデーションの量が多すぎた場合はスポンジで叩いて取ってください。
シミ、クマなどの気になる部分にはリキッドファンデーションを再度重ねづけしたり、パウダーファンデーションでカバーしましょう。
そして、ルースパウダーを限りなく薄く顔全体に一膜かけるつもりでつけます。
最後の仕上げに何もつけていない大判パフを叩く感じで顔全体にパッティングします。
そうすることで余分な粉が取れ、必要最低限の粉が肌に密着し、テカリによる化粧崩れが予防できます。

テカリを抑えるには基礎化粧品も重要!

テカリを予防するためには基礎化粧品の見直しをして、スキンケアからしっかりと気を配ることも大切です。過剰な皮脂分泌が原因でテカリが気になるタイプの肌には、収れん化粧水を使ってみることもおすすめです。収れん化粧水はアストリンゼントローション、あるいは、引き締め化粧水とも呼ばれていて、毛穴を引き締めてくれる作用があります。それゆえ、過剰な皮脂の分泌を抑え、メイクがくずれるのを防ぐ効果が期待できるのです。

また、肌の内側の水分が不足しているインナードライには、保湿化粧水を使って角質層に保湿成分を補給してあげるといいでしょう。コットンや手で化粧水をつけますが、強い力でパッティングしたり、こすって刺激を与え過ぎたりすると逆効果にもなりかねません。化粧水は、あくまでやさしく肌になじませるように使用します。化粧水をつけたあとは、乳液やクリームをつけます。肌をしっとりさせることが目的なので、保湿力の高いアイテムを選びましょう。ただし、多くつけ過ぎてしまうと、かえってテカリを引き起こす結果となります。乳液やクリームは適量を心がけ、みずみずしい肌をキープしてあげることが重要です。

テカリが気になるときにメイク直しのポイント

テカリが気になるシーズンには、メイクくずれを100%防ぐことは難しくなります。そんなときにはメイクをオフして、塗り直してしまいましょう。しかし、外出先などでメイクを完全に落とし、一からやり直すとなると大仕事です。そこで大活躍してくれるのがミストローションです。ミストローションを顔全体にシュッと吹きかけると、皮脂やくずれたメイクを浮かせることができます。また、メイクオフをしながら、水分を補給することも可能です。さらに、ミストローションでほてりが収まると肌が引き締まり、皮脂や汗を抑える効果も期待できます。

ミストローションを使用したメイク直しですが、まずは顔全体にスプレーします。ローションのボトルを顔から20~30センチほど離し、たっぷりと吹きかけましょう。一枚のティッシュを広げたまま顔全体に広げてやさしく指で押さえ、浮いてきた皮脂やメイクを吸い取らせます。Tゾーンや小鼻の周りの細かい箇所は、ティッシュを四つ折りにしてしっかり押さえ、ていねいに皮脂を取り除きます。

テカリやすいパーツでは、皮脂と一緒にメイクの大部分がオフされがちです。ファンデーションは、メイクが落ちた部分から薄めに乗せていきます。最初はTゾーンから開始し、そのほかの気になる部分にもファンデーションを薄く重ねましょう。それから、比較的メイクが残っている部分との境界を自然にぼかしてなじませるのです。

コツを押さえてテカリを防ごう

テカリを防止するためには、いくつかの注意点があります。重要なポイントをきちんと押さえれば、テカリのリスクを低くすることも十分可能です。基礎化粧品にも気を使ってスキンケアの段階からテカリ予防を意識し、化粧下地も顔のパーツごとに使い分けをします。そのうえでベースメイクの塗り方も工夫して、化粧後のテカリを上手に回避しながら快適に過ごしましょう。

テカリを予防するためのおすすめコスメはこちら

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る