ライフケアダイエット

小顔を目指すなら美顔器が大活躍!効果と選び方のポイントを紹介!

「小顔になりたい」と、女性であれば一度は感じたことがあるのではないでしょうか。顔の大きさはその人自身のイメージを大きく左右するので、スマートな小顔になれるのであれば、美顔器を実践したいところです。ここでは、美顔器が働きかけてくれることや、小顔を目指すための美顔器の選び方を中心に紹介します。

顔が大きくなる原因とは?

そもそも、顔が大きくなる原因、大きく見える原因とは何なのでしょうか。まず、顔に余計な脂肪がついていることです。体重が増え、体全体に脂肪がつくと、顔にも比例して脂肪が増えます。個人差はありますが、特に丸顔の人は脂肪がつくと顔が大きく見える傾向があります。体全体として、日頃から食事のバランスに気をつけたり、適度な運動をしたりして、適切な体重を維持することが大切です。

次に、むくみによるものです。水分や塩分を摂りすぎてしまうと、リンパの流れが悪くなり、顔が腫れているように見えます。顔のむくみは、余分な水分と老廃物がたまっている状態です。たとえば、お酒を飲み過ぎた翌朝、顔がむくんでいることがありませんか。お酒を飲んで尿がたくさん出ると体は脱水状態になり水分を欲するので、水やお酒をさらに飲むでしょう。それが結果的に体にとって余分な水分となり、むくみにつながります。

ストレスなどによる血流不良もむくみの原因となります。血液の循環が悪くなり、老廃物が体に溜まってしまうことで、むくみが生じるのです。運動不足や長時間の立ち仕事のほか、加齢や肥満、ストレスも血流不良を引き起こす原因となります。慢性的な場合には、食事などの生活習慣を見直す必要があるでしょう。

さらに、筋肉が衰えていることも原因のひとつです。一見、顔の大きさには関係ないように思えますが、筋肉が衰えると脂肪を燃焼しにくくなるため、顔の脂肪が落ちにくくなるのです。加齢にともなう老化、また日頃から無表情で顔の筋肉を使わずにいると、筋肉が衰えたるみの原因となります。1人でいることが多かったり、パソコンに向かう仕事をしていたり、よく「怒っている?」と言われたりする人は、要注意です。美顔器を生活に取り入れるとともに、人とコミュニケーションをとったり、意識的に口角をあげるなども心がけて過ごしましょう。

美顔器の主な種類と仕組みを知ろう!

家庭用美顔器には、さまざまな種類のものがあります。どの美顔器も魅力的で、どれを選んだらいいか迷ってしまいます。「小顔になるために美顔器を使ってみたい」という人向けに、はじめての人でもそれぞれの悩みを解消できるような美顔器の主な種類とその機能を紹介します。

レーザータイプは、レーザーの光を当てることで肌のターンオーバー(老廃物の排出)を整えます。コラーゲンの生成を促進させる働きもあり、主に、くすみ、シミ、しわ、毛穴や赤味除去などの悩みを解消します。これまで皮膚科やエステで主流だったレーザーが家庭美顔器で手軽に取り入れられるようになり、30代~60代まで幅広い年代に支持されています。レーザー美顔器は、家庭用脱毛の機能を利用し、顔用にパワーを弱くした仕様です。美顔器の数ある種類の中でも、レーザータイプの美顔器はもっとも刺激が強く、赤味やかさぶたができることもあるため、注意が必要です。

超音波タイプは、超音波によって肌を内側から温めることで、肌のターンオーバーを整えます。血流が良くなるほか、肌の修復も期待できます。新陳代謝の活性が主な機能で、たるみやくすみの改善のほか、リフトアップや毛穴の引き締めまでその効果も多岐にわたり、20代~70代まで幅広く利用されています。超音波美顔器は肌に触れても感覚はありませんが、超音波の音波振動により肌のマッサージをするようなイメージで、肌のターンオーバーを早める働きがあるとされています。

EMS(エレクトリック・マッスル・スティミュレーション)タイプは、低周波によって筋肉を刺激することで、筋肉を鍛えながら、ターンオーバーを整えます。小じわやほうれい線を解消するほか、リフトアップをしながら毛穴やたるみなどの改善をしていこうというものです。筋肉の刺激は、運動と同じような働きかけができるため、肌にハリがないと感じる人におすすめの種類です。家庭用美顔器は肌への負担が少ないものが多いですが、敏感肌の人が初めて使用するといった場合には、弱めのパワーからはじめるとよいでしょう。EMS美顔器は、RF機能やLED機能が同時搭載されていることが多く、トレンド機能となっています。

イオン導入タイプは、わずかな電気によって美容成分をイオン化して肌の奥へ届けます。一般的なスキンケアよりもしっかり美容成分を届けられるイメージです。くすみや引き締め、毛穴、乾燥予防、保湿まで、さまざまな悩みを解消できます。メイクや毛穴の汚れ、古い角質などをきちんと除去できるため、ニキビ肌、それにオイリー肌や乾燥肌の悩みがある人にも人気の種類です。イオン導入はスキンケアの美容成分を浸透させやすくするほか、肌に負担の少ない美顔器で、世代を問わず使用できるのはもちろん、美顔器をはじめて購入する場合にもおすすめです。

スチームタイプは、スチームによって毛穴の奥から汚れを落とします。ナノ化したスチームによって、保湿や血行促進も期待できるでしょう。温めと冷却の両機能があるスチーマーは、毛穴の汚れを除去したり引き締めたりする働きがあります。スチームしながら行えば、マッサージ効果も相まって毛穴の汚れを浮き上がらせ、ほかにはないクレンジングを体験できるでしょう。スチーム後にしっかり保湿することで、美容成分の浸透が深まり、もっちりとした肌になります。

ローラータイプは、ローラーを転がすことで筋肉のマッサージをし、血行促進にもつなげます。リフトアップをし、ほうれい線やたるみの解消、それに小顔に欠かせないシェイプアップが期待できる種類です。使う年齢はもちろん、男女問わず気軽に取り入れられます。ローラータイプの美顔器は形がさまざまですが、電源なしで使えるため、旅行などの持ち運びにも便利です。顔だけでなく手足やお腹などにも使えてコストパフォーマンスがよいのもおすすめポイントです。

美顔器に期待されている5つの効果

美顔器にはさまざまな種類がありますが、ほとんどの種類の家庭用美顔器に多い「5つの効果」を紹介します。美顔器の種類によって例外はあったり、特化している働きかけは違ったりしますが、その多くは「しわやほうれい線を目立たなくする」「たるみやむくみの軽減」「美白効果」「リフトアップ」、そして「小顔効果」という5つの効果があります。

美顔器を選ぶポイント4選!

「5つの効果」から、それぞれの解消したい悩みや理想とする効果はありましたか。それに合わせて、美顔器を選ぶ4つのポイントを紹介します。まず「自分の悩みに合ったタイプの美顔器」を選びましょう。悩みの解消に特化した機能の種類を選べば、効果を実感しやすいからです。また「生活スタイルに合った使い方ができる美顔器」です。自身が使い続けられる手軽さやランニングコストなどを考えて、継続できそうなものを選ぶとよいです。

さらに「悩みに合わせて美顔器の使い分けをする」ということも、大事な一面でしょう。1つの美顔器では、あらゆる肌の悩みをすべて改善することはできないため、複数の悩みを改善したい場合には使い分けをすることもひとつの手段です。最後に「口コミを参考にした自分に合う美顔器」を選びます。実際に使った人の感想はリアルな意見が多く、とても参考になります。ただし、すべての情報を鵜呑みにするのは得策ではないため、あくまでも参考程度に選ぶ目安のひとつにするとよいでしょう。

まとめ

美顔器は常に進化していて、その特化した機能はどの種類をみても家庭用とは思えない働きかけをしてくれます。しかし、どんなことを解消したいかなど、使う目的をはっきりさせて選ばなければ効果が感じにくいアイテムでもあります。日常生活の中で、体重管理や血行促進などを心がけながら、継続して使える「自分に合ったタイプの美顔器」を選びましょう。

美活百科に掲載サロンで美顔器を取扱いしております。

全国サロン検索

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る