ライフケアダイエット

ダイエットにはお茶がおすすめ!効果のある種類や飲み方を紹介

ダイエット中、食事制限を行っていたとしても水分の摂取は欠かさずにしましょう。

お茶がダイエットにいいとされる理由とは

ダイエットでは食事制限や運動によって脂肪を燃焼させる方法が一般的です。しかし、その間にも水分は摂取しなければ、内臓に負担がかかって健康を害するリスクがあります。また、肌荒れや乾燥肌の原因にもなり、美容面でも悪影響が生じるでしょう。ダイエット中に摂取したい飲み物としてはお茶のほか、スポーツドリンクやミネラルウォーターなどが挙げられます。しかし、お茶がもっとも健康や美容に効くのはカロリーが低いうえ、必要な栄養素を補充することができるからです。

たとえば、スポーツドリンクは運動後に飲むことでミネラルを補給することができます。しかし、同時に糖分も含まれているためカロリーも摂取してしまいがちです。頻繁に飲んでしまうとダイエットの効果を無駄にしてしまうケースもありえるでしょう。また、ミネラルウォーターはカロリーも少ない代わりに栄養素もほとんど含まれていないので、ダイエット中に起こりがちな体調不良を予防することがあまり期待できません。無味無臭なので空腹をカバーすることもできにくいといえるでしょう。

お茶はカロリーが少ないので大量に飲んでも体重を増やしにくい飲み物です。そのうえ、健康にいい成分や美容成分も含まれているので、ダイエット中の体調管理に役立ちます。ほどよく味もついているので、ダイエット期間に押し寄せてくる空腹をまぎらわすことも可能です。目的に合ったお茶を見つけると、よりダイエットのサポートとなるでしょう

お茶に含まれるダイエットに役立つ成分を知ろう

お茶に含まれる成分を正しく知ることで、自分に合った種類のお茶を見極めることができます。まず、お茶の苦味を生み出しているといわれるのがポリフェノールという成分です。美容グッズに使われていることも多いので、女性を中心に知名度が高まっている成分です。ポリフェノールの特徴は抗酸化力にあります。老化の原因になる酸をはねのけ、皮膚の状態を若く保つ力が見られます。ダイエット中は過度の食事制限によって肌のトラブルが起こりがちです。本来必要とされる量の成分を摂取せず、体重は減っても美肌から遠ざかってしまうケースがあるのです。

そこで、ポリフェノールが含まれているお茶を飲むことはアンチエイジング効果も期待できます。ポリフェノールの一種として注目されているのがカテキンです。カテキンは抗酸化作用のほか、体内のコレステロールや脂肪を減少させる力も認められています。カテキンもまたお茶の葉に含まれている成分なので、体内をきれいにして太りにくい体質に生まれ変わるためにお茶から取り入れたい成分です。食物繊維もお茶の成分としてよく知られています。食物繊維は消化を助け、お通じを良くするための成分として知られています。ダイエット中は急な運動などが原因で体質に影響があり、便秘が起きてしまうこともあります。食事制限によって胃腸の働きが弱まるのも原因です。内臓の負担を少しでも軽減するためには食物繊維をお茶によって補充するのが有効でしょう。

お茶の種類ごとにダイエット効果を分析

日本人に親しまれ、コンビニやスーパーでも簡単に手に入る緑茶ですが、独特な苦味はカテキンによるものです。つまり、緑茶を飲むと美肌効果を得られ、肌のコンディションを保ちながらダイエットに励めます。また、緑茶に含まれているカフェインは脂肪燃焼をサポートする働きもあります。意外にも運動のパートナーとして緑茶はぴったりな飲み物なのです。
また、お茶の主成分であるポリフェノールや食物繊維をたっぷりと含んでいるのがマテ茶です。ダイエット中の健康管理におすすめなお茶だといえるでしょう。しかもマテ茶はその他の成分量にも優れており、カルシウム、マグネシウム、ミネラルまでもカバーしています。健康な体作りに役立てて、そもそも脂肪がつきにくくする効果を期待できます。

外食先のメニューでよく目にするウーロン茶もダイエット効果が見られます。特に最近人気が上昇中の黒ウーロン茶には脂肪の排出量を活性化する力が備わっているのです。ダイエット中でも断れない外食は出てくるでしょう。そんなときは黒ウーロン茶でカロリーをコントロールするのが得策です。女性に人気で喫茶店でもよく登場するルイボスティーは豊かな香りが特長的ですが、実はアンチエイジング効果やデトックス作用も含んでいるお茶です。女子会や暇潰しで喫茶店に立ち寄ったときにはぜひとも注文してみましょう。味と香りで優雅なひとときを過ごしながら、ダイエットもサポートできる優れものです。

ダイエット効果をさらに高める飲み方は?

ダイエットに効くお茶の作用を高めるためには、飲み方にも少しだけ工夫してみるのがいいでしょう。たとえば、ダイエットにつきものの運動ですが、お茶とセットにすることでさらに脂肪燃焼を促すことができます。タイミングとしては運動の30分前に摂取するようにしましょう。体内にダイエット成分が取り入れられ、効果を発揮し出すタイミングが理想です。運動中や運動後も水分補給としては効果的ですが、成分を役立てるのであれば直前がおすすめです。

また、食事中にお茶を飲むことも効果的です。ふだんは食事で水を飲む機会が多い人もダイエットをきっかけにお茶へと切り替えてみるのが賢明でしょう。肉や揚げ物、お菓子などのカロリーが高いものほど、お茶と一緒に摂取することで消化がされやすくなります。コレステロールや脂肪分がしっかりと解体され、排出されていくためにお茶はぴったりな飲み物なのです。

逆にお茶を飲むのが適していないタイミングとして、就寝前が挙げられます。お茶に含まれているカフェインは睡眠を妨害する作用があり、眠りを浅くしてしまいがちです。結果、睡眠中に起こるはずだった新陳代謝が弱まってしまい、ダイエット効果が薄くなる恐れもあるのです。ただし、カフェイン量が少ないお茶であれば、就寝前に飲んでも問題はないでしょう。一方で、起床後、午前中にお茶を飲むことは推奨されています。午前中は体のデトックス作用が高まっているために、お茶の健康成分が有効活用されやすいのです。

自分に合ったお茶を見つけてダイエットを成功させる

万が一、「お茶を飲んでもダイエットに役立たなかった」という人がいれば、それは選ぶお茶が悪かった可能性があります。お茶には種類によってデトックス、脂肪燃焼、美肌効果、消化のサポートなどさまざまな効用が分かれています。自分のダイエット方法や課題に合ったお茶を見つけることが肝心でしょう。お茶の味も大切なポイントです。どんなに健康的なお茶でも味の相性が悪ければ摂取することにストレスが生じます。飲むこと自体が楽しくなるようなお茶を選ぶと自然に摂取量は増えていくでしょう。

また、「お茶さえ飲んでいればダイエットは成功する」という極論を抱いてしまうのも危険です。「ダイエット茶」という言葉も出回っていますが、お茶はあくまでダイエットをサポートする飲み物であり、単体で体重を減らす効果はほとんどありません。重要なのは健康的な食生活と適度な運動を習慣化することです。正しく行われたダイエットのパートナーとしてなら、お茶は存分に効果を発揮してくれるでしょう。

美活百科では他にも様々なダイエット方法をご紹介しております

ダイエット

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る