ビューティーケアスキンケア

備えあれば憂いなし!日焼けのアフターケアについて知っておこう

しっかりと対策をしていたのに気がついたら日焼けをしていた...という経験はないでしょうか。日焼け止めや日傘などを使っても、日焼けを完全に防げるわけではありません。今回は日焼けのアフターケアについて紹介します。

日焼けをした肌は熱を持っている!まず冷やすことが肝心

日焼けをしたら、なるべく早く冷やすことが大切です。肌の赤みは炎症であり、やけどと同じ状態になっているからです。炎症が広がるのを抑えて、回復しやすい状態にする必要があります。冷やすのが遅れてしまうとアフターケアの効果も現れにくくなる傾向です。そういわれても、どのように冷やせば良いのかわからない人もいるでしょう。やけどをしたときは、患部を水道の流水で冷やす方法などが一般的です。基本的には日焼けの場合も同じ方法で構いません。ただし日焼けの場合は範囲が広いので、効率的に冷やせる方法を選択しましょう。

たとえば、ぬれタオルを上手く使うと広範囲でも手軽に冷やせます。氷水にひたして絞ったタオルを日焼けした部分に当てていくのです。ぬれタオルがぬるくなるたびに氷水を使って温度を下げます。手際よくする必要はありますが、あせって肌をこすったりたたくように抑えたりしてはいけません。日焼けをした肌はデリケートな状態になっているので慎重さが求められます。また風呂に水を張ってつかる方法も、全身を一気に冷やせるので非常に効率が良いです。シャワーを使って冷やす方法もありますが、水圧を弱くしないと肌にダメージを与えてしまう可能性があります。どの方法であれ、日焼けをしたら痛みが少なくても冷やしておくことがおすすめです。ヒリヒリするような自覚症状がなくても、見た目以上にひどいやけどの状態になっているケースもあるからです。

乾燥しているので保湿をしよう!化粧水や乳液で

肌の保湿は日焼けのアフターケアにおいて最も重要です。日焼けをして温度が上がった肌は普段より水分が蒸発しやすくなって乾燥しています。日焼けをした箇所を冷やして赤みが減ってきたら、さっそく肌の手入れを始めてみましょう。まず、たっぷりの化粧水をつけていきます。普段のスキンケアではコットンを使用している人もいるでしょう。しかし日焼けのアフターケアでは手のひらでつけたほうが良いです。ダメージを受けた肌はデリケートになっているのでコットンの硬さによって傷ついてしまう恐れがあるからです。手を使って優しくなじませていくと肌に過剰な刺激を与えずに済みます。摩擦が生じないようにするため手をスライドさせるのではなく、軽く包み込むようにケアしましょう。

化粧水をつけ終ったら乳液やクリームの出番です。肌に水分を補給しても、その潤った状態が継続するわけではないからです。放っておくと水分はまた日焼けした肌から蒸発してしまいます。それを防ぐために乳液やクリームを塗って肌にふたをするのです。またそれらを塗ることには、外部からの刺激に対して保護する目的もあります。通常の肌は角質層によるバリア機能によって守られています。しかし乾燥するとバリア機能は弱くなって、紫外線や雑菌、ほこりなどの影響を受けやすくなる傾向です。その状態のままでいると、肌トラブルを招いてしまいかねません。乳液やクリームを塗れば、それらに含まれる油分でバリア機能をカバーすることが期待できます。

ケアは外側からだけ?水分と栄養の摂取で内側からも

水分を補給することも効果的なアフターケアのひとつです。日焼けをした後は、いつもより多めに水を飲みましょう。化粧水などで外側から保湿をするだけでなく内側から水分を補給してあげることも大切です。また水分だけでなく、栄養を補給することも忘れてはいけません。日焼けによって傷ついた肌を回復するために必要になるからです。バランス良い食事を心がけることがポイントですが、特に重要なのはビタミンCを摂取することです。ビタミンCが美容に良い栄養であることを知っている人は多いのではないでしょうか。普段から摂取していると、メラニンの生成量を減らせる傾向なので日焼けによる被害を軽減しやすくなることが期待できます。

さらに予防だけでなく、ビタミンCの働きはアフターケアにおいても重要です。すでに作られたメラニンにも作用して、シミを薄める効果を期待できるからです。ビタミンCが含まれている食品はたくさんあります。その中でもおすすめは、ビタミンCの含有量が多いジュースを飲むことです。同時に水分も補給できるので効率の良いアフターケアになります。シミができることへの対策としては、ビタミンEも効果があるといわれています。アボカドや大豆に多く含まれているので、ビタミンCを含む野菜と一緒にサラダにして食べると良いでしょう。また、たんぱく質を摂取することも日焼けのアフターケアには欠かせません。たんぱく質は肌を作る材料として使われるからです。肌に良いことで有名なコラーゲンもたんぱく質の一種です。

熟睡することや安静にすることも大切!

日焼けをしてしまったら、しっかり睡眠時間をとり十分に休養することも心がけましょう。肌が生まれ変わるターンオーバーは主に睡眠中に行われるからです。新しい肌は成長ホルモンの働きによって作られます。夜ふかしをすると成長ホルモンの分泌量が減り、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいがちです。その結果、日焼けによって傷ついた肌の状態が続きやすくなる傾向といえます。また成長ホルモンは深い睡眠状態のほうが多く分泌されることが知られています。そのため単純に睡眠時間を増やすだけでなく、睡眠の質も意識したいところです。たとえば、こまめに昼寝をしてトータルの睡眠時間を長くしても、十分な効果は得られない可能性があります。そのような睡眠の仕方は、眠りが浅い状態になりやすいからです。いつもより早く就寝するなど、長時間眠りを継続できるように工夫してください。

また睡眠中以外も体を休めることが大切です。日光を浴びすぎて日焼けをすると体は疲れやすくなります。体温上昇を防止するための調節にエネルギーを消費するからです。そのような疲れた状態で体を無理に動かすのは得策ではありません。活動によって水分や栄養が大量に消費されてしまうと、肌の回復する速度が遅くなる恐れがあります。また日焼けをした肌が、物や人と接触すると大きなダメージを受けてしまうリスクも存在します。そのため日焼けをした後は活発に動くことは避けて、できるだけ安静にするようにしましょう。

アフターケアの相乗効果に期待!様子を見ながら柔軟に対応しよう

今回は複数のアフターケアの方法を紹介しました。どれかひとつだけでも効果を期待できますが、紹介した順にすべての方法を行うのがおすすめです。肌を冷やすと水分が蒸発しにくくなるので、その後の保湿の作業も簡単になるでしょう。また栄養を多く摂取しておけば睡眠中に肌のターンオーバーの促進も期待できます。このような相乗効果を期待できるので、できるだけアフターケアを試してみましょう。ただし、肌の状態を良く考えて柔軟に対応することも大切です。たとえば化粧水をつけて痛みを感じたら、化粧水ではなく塗り薬を使ってください。もし激しい痛みを感じるようであれば、自己判断せず皮膚科に行って診察を受けたほうが賢明です。また強く日焼けをすると水ぶくれができることもあります。そこから雑菌が入ってしまうと皮膚病になる恐れもあるので、その場合も早く受診したほうが安心でしょう。日焼けをしてしまっても、美容と健康の両面に気を配りながらアフターケアを行っていきましょう。

それでも日焼け跡が気になる・・・と言う方はエステケアもおすすめです。

エステ体験記(シワ・タルミ)

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る