ビューティーケアスキンケア

モテ顔のための重要パーツ!涙袋の作り方を徹底解説!

女性の顔の印象を大きく左右する要素のひとつ「涙袋」。涙袋の存在によって目が大きく見えたり、可愛らしい印象を相手に与えたりすることができるといわれています。

美女になるための必須条件?涙袋とは

涙袋とは、具体的に目のどこの部位のことかわかるでしょうか。簡単にいうと、目の下の少し膨らんだところです。涙袋は別名「フェロモンタンク」や「ホルモンタンク」といわれています。人相学、顔相学では涙道(るいどう)と呼ばれており、女性フェロモンや女性ホルモンと関連があると考えられています。

涙袋が膨らんでいる女性は、無意識に男性に対して性的な魅力を感じさせることもあるようです。厚い唇と同じようなポジションで、涙袋はセクシーさの象徴といえるのかもしれません。涙袋があると、目元が立体的に見えるので目が大きい印象を与えることができます。そのおかげもあって、涙袋をふっくらとさせることで可愛く見えたり、女性らしさが増したりするのではないでしょうか。さらに、涙袋は顔を小さく見せる効果が期待できるメリットもあります。涙袋をはっきりとさせることで、目のパーツが大きな印象になります。

そうすると、目と口の間が短くみえるので小顔な雰囲気になるのです。涙袋を強調させるようなメイクアイテムが続々と登場していますので、世間的に涙袋は注目されているのでしょう。涙袋のツヤをアップさせる専用美容液も発売されているようです。モテ度を上げたいのであれば、涙袋を頑張って作るのは有効なアプローチなのではないでしょうか。芸能人であるアイドルや女優を眺めているとほとんどの人が涙袋をもっていることに気が付くでしょう。涙袋は美女になるための条件のひとつといっても過言ではないのかもしれません。

可愛い涙袋をメイクで作ってみよう!

涙袋の作り方はいろいろとありますが、メイクで作るのが一番お手軽ではないでしょうか。涙袋をつくるためには、光と影を意識して立体感を出すことが重要なポイントとなります。涙袋があまりない人でも、メイク次第では十分な涙袋を作ることは可能ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。
涙袋の作り方
まず、白色のアイシャドーを下瞼に太めに描いてください。一部だけでなく、涙袋全体をしっかりメイクするのがポイントになります。涙袋のところをぼかしながらメイクしたいならパウダー系を使用するのも良いでしょう。影を作る時はブラウン系のアイブロウペンシルが便利ですが、暗い色のペンシルでも大丈夫です。これらを使用して、涙袋の下側にラインを引きます。一気にやるのではなく、少しずつ様子をみながらメイクしていきましょう。
最後の仕上げは、綿棒などを使用して自然な感じになるようにぼかしてください。以前よりも少し涙袋がふっくらしたと思えるぐらいが丁度良いバランスです。ちょっとふっくらするだけで、だいぶ小顔な印象になるのではないでしょうか。最近では涙袋専用のコスメも発売されているので、涙袋がなかなか上手く作れない人は利用してみてもよいかもしれません。メイクよりもさらにふっくらさせたいのであれば、涙袋用のテープを使う方法もあります。涙袋を作りたい位置にテープを貼ることで、強制的に膨らみを出すことができます。涙袋が作りにくい人は、この涙袋専用テープを使ってからメイクをしてみてください。少しでも可愛くなりたいのであれば、一度涙袋のメイクを試してみましょう。

本当の涙袋を自力で作りたいならトレーニングが必要!

メイクで涙袋を作ったとしても、すっぴんになれば元の顔に戻ってしまいます。少し長期的な涙袋の作り方になりますが、トレーニングを日々実行して本物の涙袋を手に入れることを目指してみましょう。目の周りの筋肉を鍛えることで、涙袋をふっくらとさせることができるといわれています。どこでも簡単にできる方法としては、ウィンクを継続的にやるのが効果的です。毎日最低100回はやりたいところです。ただ単純にやるのではなく、頬を動かさないようにウィンクする方が下瞼の筋肉に負荷がかかるため、より鍛えることができるでしょう。
ピースサイン体操
ウィンク以外にも「ピースサイン体操」といわれるトレーニング方法もあります。やり方ですが、まず顔は動かさず瞳だけで上方をみてください。そして、両目の両端を人差し指と中指でピースサインするような形で押さえます。右目は右手、左手は左目、それぞれ同時に行います。その状態で下瞼を引き上げて、目を細めるようにして力を入れてください。数秒経ったら力を緩めて、また力を入れます。これを繰り返し10回1セットと考え、朝晩で2~3セットほど行いましょう。もっとシンプルに目を鍛えたいのであれば、目を細めて眉毛を上げるだけでも、目の筋肉に負担をかけることができます。目を細めると、瞼が少しぴくぴくして筋肉が使われている感覚があるのではないでしょうか。トレーニングする際には目の筋肉が使われていることを意識することが重要です。

簡単に涙袋ができる?ヒアルロン酸の注意点とは

綺麗な涙袋の作り方としては、ヒアルロン酸を注入する方法もあります。ヒアルロン酸を注入することで、ふっくらとした可愛らしい目元を実現することが可能になるでしょう。しかし、ヒアルロン酸は注入し過ぎると、逆に目元がたるむといったリスクもあるので注意が必要です。ヒアルロン酸は数カ月程度しか持たず、長くても9ヵ月ぐらいで効果が切れてしまうので、継続的に注射を打たなければならないのも懸念すべき点といえるでしょう。

ヒアルロン酸の料金相場はクリニックによってまちまちですが、0.1c単位でやってくれるところであれば、だいたい1万円ぐらいではないでしょうか。ヒアルロン酸1本単位で販売となると3~6万円はかかると考えてください。涙袋のヒアルロン酸注射は、「鈍針」と呼ばれる先の丸い針を使用することで行いやすさが上昇したといわれています。手技の難易度が下がり、内出血する頻度も少なくなってきています。ですから、信頼できるドクターを見つけて、お願いするのが安心です。ヒアルロン酸のメリットだけでなく、デメリットもしっかりと話をしてくれるドクターを選ぶようにしてください。無意味に高いものをすすめてきたり、こちらの質問にまともに答えないようであれば他のクリニックに行ってみたりした方がよいでしょう。ヒアルロン酸は短い時間で比較的簡単に涙袋を作ることができます。ただし、それ相応のリスクや検討しなければならない事項もあります。ヒアルロン酸を注入する前にドクターとは一度、よく相談するようにしましょう。

自分にあった方法で理想的な涙袋を手に入れよう!

ここまで、涙袋の作り方についてさまざまな方法を伝えてみました。今まで涙袋についてあまり意識していなかった人は、これを機会にぜひ作ってみてはいかがでしょうか。涙袋をふっくらさせることで、今までの自分よりも一段上の可愛さを手に入れることができるのではないでしょうか。涙袋がまったくない人も、完全に諦める必要はありません。今回ご紹介した方法を試すことで、涙袋を作ることができる可能性は決して低くはないでしょう。

涙袋の作り方としてヒアルロン酸が一番確実に感じるかもしれませんが、まずは自分でできる範囲で努力してみましょう。ヒアルロン酸を注入すると、やや人工的な涙袋になる可能性がありますし、それなりのリスクがともなうのが現実です。まずはメイクの仕方を磨いたり、トレーニングで鍛えたりするなど、地道に涙袋を作ることをおすすめします。トレーニングは最低3週間程度続ける必要があるので大変かもしれませんが、涙袋が自力で作れた時の感動はひとしおではないでしょうか。

キレイな涙袋を作るためには、目元にハリがあることが大切!エステでシワ・タルミケアはいかがでしょうか

エステ体験記(シワ・タルミ)

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る