ビューティーケアスキンケア

今日から使える!小顔効果抜群の簡単メイクテクニック

小顔効果の高いメイクテクニックについてまとめています。

もう膨張させない!引き締まった顔をつくるファンデーションテクニック

小顔メイクに欠かせないのはファンデーション選びと塗るテクニックです。まずできるだけ顔を膨張させないためにも、明るすぎる色は避けましょう。肌に合わない明るいファンデーションは、顔だけが大きく浮いたような印象になってしまいます。自分の肌色になじむ色を選ぶのがポイントです。

また、塗る際は厚ぼったくならないよう顔の中心から外側に向けて優しくパフを塗っていきましょう。多少中央部分をしっかり塗る程度なら良いですが、えらの部分を厚めにするとそこが膨張したような印象になります。それによって顔が大きく見えることにつながるのです。顔の外側に向かうほど薄くナチュラルに塗ることを意識してください。より引き締まった印象を持たせるためにワントーン暗めのファンデーションと2色使いで塗るのも良いでしょう。

丸顔の人はおでこやフェイスライン、面長の人はおでこと顎、ベース型の人はえらやこめかみ部分を暗めのファンデーションを使って薄塗します。そうすることで程よい影ができ、立体感がうまれます。平たく大きな顔の印象は立体感が出ることで、引き締まった印象につながるのです。パウダーファンデーションでは、薄塗するのに力加減が難しいというときはリキッドファンデーションを使うことで解決できます。2色のリキッドファンデーションを使って影にする部分と明るくする部分を分けて塗り、パウダーで仕上げます。塗りすぎやぼてっとした印象を防ぐことができ、自然な仕上がりが期待できるでしょう。

アイラインがポイント!ぱっちりアイメイクで視線を集めよう

目を大きく見せることでも小顔効果が期待できます。顔の各パーツが大きければ肌色部分の面積が少なくなり、小顔に見えます。特に目は大きく見せることでそこに視線が集中し、フェイスラインを意識しにくくなるでしょう。まず、黒やダークブラウンのアイライナーを使ってまつ毛の間を塗るようにラインを引きます。目のラインが強調されることで一回り大きな目を演出することが可能です。その際、面長の人は目じりを長めに書き、切れ長の目を意識してください。目じりだけにつけまつげなどを使ってもよいでしょう。その部分に視線が行くので、縦に長い印象がぼやけます。

また、アイライナーに加え、涙袋の部分にハイライトをのせるのも効果的です。涙袋の部分までが目の印象に加わり、大きくぱっちりした目を作れるのです。もちろん、目の下から顎までの距離が短くなるので小顔効果につながります。さらに、目の印象に大きく影響するのがマスカラやつけまつげ、エクステです。目を大きく見せたいがあまり、とにかくバサバサとしたまつ毛を作ってしまうと、不自然になりせっかくのメイクが台無しになることがあります。あくまで自然な範囲でしっかりとしたまつ毛を作りましょう。

マスカラを塗る際は長さと濃さがでるものを使い丁寧に上下のまつ毛を塗っていきます。もともとまつ毛が短い人は、マスカラの前にマスカラベースを使うとしっかりとしたボリュームが出せるでしょう。ウォータープルーフのマスカラを使えば、目の下が黒くにじむという心配がありません。

自然なカラーを選んで!ノーズシャドーとチークで立体感を出そう

顔にメリハリや凹凸ができると小顔の印象を持たれます。顔の中央部分にある鼻をうまくメイクすることで小顔につながる立体感を演出しましょう。特に、鼻筋が通ってない、丸い鼻が気になるなどのコンプレックスを持っている人は、ノーズシャドーのメイクによって大きく印象を変えることが可能です。

まず、鼻筋のサイドにノーズシャドーを入れます。小鼻が丸い人は小鼻の脇にシャドーで影を作るのも良いでしょう。その後、明るめの肌色などを使って鼻筋にハイライトを入れます。それによって、顔中央部分に色の明暗ができ凹凸や立体感につながります。ノーズシャドーは違和感が出そうで心配だからと使わない人もいますが、自然なカラーを選べば小顔メイクに大きく役立ってくれるものでtす。

また、顔の中で一番面積が広い頬にメリハリをつけるのがチークです。本来、頬の一番高い部分からこめかみに向かってチークを入れるのが一般的です。しかし、横に広がったチークは顔を膨張させることにつながってしまいます。特に面長の場合は、頬から下が強調され顔が大きく見えてしまうのです。そのため、今まで入れていたチークの場所より少しだけ低い位置で縦長に入れてみましょう。顔の余白部分が適度にうまり、メリハリのある印象を作ることができます。色は、できるだけ自分になじむ色を選びます。ほんのり頬が赤らんでいる程度の色だと違和感がありません。ピンクすぎたりオレンジすぎたりするとチーク部分だけが浮いたようになり、余計に顔が大きく見えてしまいます。

ちょっと大きめが効果的!バランスの良い眉毛とリップを作ろう

眉毛やリップもコツをつかんだメイク法で小顔効果が期待できます。眉毛は、アイメイクとバランスのとれた形を意識しましょう。細くて山なりになった眉毛は顔の余白部分を広く作り、顔を大きく見せてしまいます。特にベース型の人の場合眉毛の角ばった印象によって、女性らしさが失われることがあるので注意が必要です。

基本的に、眉毛は少し太目のまっすぐなラインが小顔効果を期待できるでしょう。ある程度の太さを出すことで大きく見せた目と一緒に、視線を集中させることができるからです。ある程度の太さと言っても真っ黒のぼってりとした眉毛ではなく、少し明るめの色でふんわりとした形を意識しましょう。眉頭を薄めに眉尻をしっかり描くことで違和感のない眉毛を書くことができます。眉毛の長さは、目の大きさに合わせ短すぎないことを意識しましょう。途中で途切れたような眉の場合こめかみあたりに空白ができ、顔の横幅が広く感じられてしまいます。

またリップは、リップライナーを使って自然なメリハリをつけましょう。唇周りがぼやけているとうまく立体感を出すことができません。少し大きく見せるぐらいのラインを書きぽってり感を出します。テカリ感のあるグロスは唇の中央部分にだけ使うことでメリハリがつき、その部分に視線を集めることができます。眉毛、リップともに大きめを意識しながらもほかのパーツとのバランスを大事にメイクしましょう。

やりすぎは厳禁!自然な仕上がりを意識して

毎日のメイクで小顔効果を出すために、まずファンデーションは自分の肌色になじむものを選びます。顔の外側に行くほど薄くぼかす感じで塗ることを意識。少し暗めのファンデーションとの2色使いで、フェイスラインに影を作ってあげるのもおすすめです。

また、顔の各パーツはできるだけ大きく見せることで、顔の余白部分が少なくなり小顔効果が高くなります。そのため目はアイラインをしっかりひきましょう。涙袋にハイライトを入れることや、マスカラ前にマスカラベースを活用するひと手間で、より大きく見えますよ。

眉毛は太く長さをしっかり保ちつつ、自然な仕上がりを目指します。眉頭を濃くしすぎないことが、眉毛にふんわり感を持たせるポイントです。リップは唇のラインがぼやけないよう、リップライナーを使ってメリハリをつけます。仕上げに、顔の立体感や凹凸をつけるのが、シャドーやチークです。ノーズシャドーは肌になじむごく自然なダークブラウン、チークはベージュや淡いピンク、オレンジ系を使って柔らかく入れるようにします。このように顔のパーツを大きく見せたり、メリハリをつけたりすることで小顔効果が出せますが、やりすぎると効果がなくなるので自然に仕上げることを意識して行いましょう。

化粧品は美容成分のたっぷり入ったお肌に優しい「グランシオンシリーズ」もおすすめです。

グランシオンシリーズ

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
アンケート調査
今月の美容占い

今月の星座しし座

イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る