ライフケアダイエット

ダイエット成功のゴールテープを切る為に!停滞期を乗り越えるポイントとは?

ダイエットを試みたことがある人のなかには、急に体重が落ちにくくなる停滞期が発生するのを知っている人も多いのではないでしょうか。ダイエットに挫折しがちな人は、この停滞期間に心が折れてダイエットに失敗してしまいます。
しかし、この停滞期を乗り越えればダイエットを成功に導くことができるのです。目標体重や理想的なスタイルを手に入れるためには、停滞期のメカニズムや対策方法を知っておくことで、乗り越えることができるでしょう。どうして停滞期が起こり、それを乗り越えるためにできることは何か、ご紹介していきましょう。

停滞期に陥る理由とは

まず、ダイエットをする理由は何でしょうか。主な目的は、体重を減らしたり、スタイルの良いプロポーションを保ったりしたいために行う人が大多数でしょう。しかし、身体にとっては、せっかく蓄えた栄養源を無理に落とそうとすると、なんとか現在の状態を維持しようと生命維持装置である『ホメオスタシス(恒常性)』が機能します。
ホメオスタシスとは、身体の生命維持の機能で、生体の状態を一定に保つ性質を指します。体重の約5%の減量や、ダイエットを始めて1カ月が経過する頃に起こる機能といわれています。また、ホメオスタシスが発生してから約1カ月前後は、機能が継続すると考えられています。

ホメオスタシスが機能すると、身体の中でホルモンを分泌して失った栄養素を補充しようとします。そのため、減らした脂肪を元に戻そうとする作用が働いたり、代謝を抑制したりするので、体重が落ちにくくなるのです。これが、停滞期の正体です。しかし、ホメオスタシスは生命維持のためには、とても大事な機能です。ホメオスタシスが機能したら、身体は正常だと理解しましょう。

ホメオスタシスは、1日や2日で効果が切れるものではありません。また、中途半端にダイエットをして挫折すると、ホメオスタシスが働いたままの状態が続き、ダイエットをする前の状態よりも脂肪がついてしまうこともあります。これが、ダイエットを失敗したときに見られるリバウンドの正体です。ダイエットに停滞期が存在する理由は、身体が正常である証拠であるとともに、停滞期を乗り越えればダイエットを成功させることができるのです。

停滞期を乗り越えたい!まずはここを見直して!

それでは、意思に反して機能するホメオスタシスを乗り越えることは可能なのでしょうか。実は、停滞期の時期や性質を把握することで、ホメオスタシスの機能を抑制して、ダイエットを成功に導くことができるのです。

ホメオスタシスは、失った栄養素を取り戻すために機能します。そのため、極端なダイエットはホメオスタシスの機能をより強くし、ダイエットが失敗する可能性を高めます。極端なダイエット例は、急な食事制限で絶食をしたり、激しい運動を急に取り入れたりすると、5%以上の体重減少が起きやすくなりホメオスタシスが機能します。

ホメオスタシスを抑制するためには、健康的なダイエットを心がける必要があります。栄養バランスがとれた食事をとり、適度な運動を心がけるようにするのです。目標体重も、大きな目標を立てずに『まずは1カ月で1kg(体重の5%未満)』など、乗り越えられるハードル設定をしましょう。

2カ月目に入ると、大抵の場合ホメオスタシスが機能し始めます。体重が落ちにくくなり始めたら、1カ月間前後で体重維持をする期間を設けましょう。ホメオスタシスの機能が働いている状態で体重維持ができていれば、ダイエットは成功しているといえます。体重変化のグラフをつけて、自分の体重の変化を視覚化することも大切です。ホメオスタシスの期間を視覚化することで、停滞期の対策を立てやすくなります。現状をしっかりと把握し、自分の身体に起こる変化を理解できれば、ストレスを少なく停滞期を乗り切ることができるはずです。

停滞期を乗り越えるための工夫とは

停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるために、いくつかの心得と工夫が必要です。自分を把握するための、体重管理表の作成や栄養バランスを考えた食事、適度な運動は大切ですが、目標に設定した体重を必ず達成できる訳ではありません。

ダイエットだけに集中することができればいいですが、日々生活をしていると病気になることもあれば、友達付き合いで外食やお酒を飲んで栄養バランスが崩れることもあるでしょう。生活環境によっては、思ったよりも体重が減らない結果が出ることもあります。しかし、目標体重をクリアしなくても落ち込む必要も焦る必要もありません。来月の目標体重を低めに設定して、再度チャレンジしましょう。最も良くないことは、諦めてダイエットを辞めてしまうことです。周りの影響でどのように体重が変化するかをしっかりと記録し、原因を把握しましょう。目標設定は大事ですが、必ず超えるという意思よりも、気楽に続けていくことの方が大切です。
ダイエットの月間目標体重を達成したら、自分を沢山褒めましょう。自分が目標をクリアしていくごとに自信がつき、ダイエットをするのが楽しくなるはずです。次第に達成する回数が増えると、気持ちの維持につながっていきます。

ダイエットに有効で、美味しい食事を取り入れるのもいいでしょう。ダイエットに有効な食事は、必ずしもカロリーが少なくマズい料理ばかりではありません。身体に必要なたんぱく質を摂るために、ステーキなどのお肉を食べてもいいですし、炭水化物が少なめでフルーツを中心とした甘いものをご褒美に食べてもいいでしょう。

美活百科でもダイエットに最適なレシピを紹介しております

ビューティーレシピ

停滞期中に気を付けたいポイント

停滞期に入ると、体重が落ちにくい時期とわかっていても焦ってしまうものです。ダイエットをしているときには、停滞期中に気を付けておくポイントがあります。

まず、絶食や過度な運動、偏った食事のダイエットを行わないようにしましょう。栄養が偏ると身体は必要な栄養素を摂取しようと、ホメオスタシスを機能させようとします。また、過度な運動で体重の変化が急激に起こっても同様のことがいえます。

停滞期に入ると、体重がなかなか減らずに諦めたくなりがちです。また、特にダイエット中はホルモンバランスが崩れ、満腹感を感じにくくもなるのです。ホメオスタシスの働きで基礎代謝が落ちているので、食事量を通常に戻したり過食をしたりすると一気に体重は増えていきます。ホメオスタシスの働きを抑制するため、5%を超えない減量設定を心がけ、停滞期の目安である1カ月前後を乗り切りましょう。体重を維持したまま停滞期を乗り切ると、ホメオスタシスの機能が収まり体重の減少が始まります。また、ホルモンバランスも平常になり、以前よりも少ない量の食事で満足することができるでしょう。

また、いつもダイエットに関して神経質になることも控えると良いでしょう。バランスが難しいかもしれませんが、自分にできる目標や計画でないとダイエットは続きません。自分に厳しい課題を決めて日々継続できればいいですが、長期間続けるには無理のない目標設定で気軽にできるダイエットが効果的です。停滞期の間は一番気持ちが折れやすく、身体も気を抜くと太りやすくなっています。無理のないダイエットをすることで、停滞期を乗り切りましょう。

停滞期をどう乗り越えるかが、ダイエット成功の分かれ道

停滞期も含め、楽しくダイエットをするのが一番の乗り越え方だといえます。また、自分で自信をつけるために、目標設定や日々の記録をつけることも大切です。自分の努力や成果が見えると楽しくなりやすくなります。楽しくダイエットをすると、更に効率の良いダイエット方法を探す努力をし、目標体重の達成と維持をすることができるはずです。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る