ビューティーケアスキンケア

大人女子にも増加中!その肌かゆみは生活習慣のせいかも!?

気がつくといつもかいているという部分があれば、大人アトピーの前兆かもしれません。ある日突然症状が出てきてしまうアトピー性皮膚炎に悩む大人の女性が増えているんです!

かゆみを止めにくい大人アトピー

アトピーは子供の頃にかかるものというイメージを多くの人が持っていることでしょう。幼い時にアトピー性皮膚炎にかかった人は、年齢とともに症状が治まったというケースがほとんどです。しかし、成人になってから再発、または発症することがあります。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患の一種です。肌のバリア機能が低下して乱れた角質からアレルゲンが侵入し、炎症を引き起こします。主な症状はかゆみ。大人アトピーは、赤く盛り上がった湿疹が左右対称に出ることが多いのが特徴です。また、顔や首、背中など手が届きやすいところに現れやすく、ついかいてしまうので重症化しやすいことも。一度良くなっても、再び症状が出てくるというのを繰り返すのも特徴の一つです。
かけばかくほどかゆみが強くなる皮膚疾患の悪循環を「イッチ・スクラッチサイクル」と言います。この皮膚炎が悪化して無性にかゆくてたまらないという循環にはまってしまいがちなのも、大人アトピーの辛いところです。

かゆみを引き起こす原因は?

大人アトピーの原因は多岐にわたります。もともとアレルギーを起こしやすい体質、不規則な生活スタイル、ハウスダストや細菌、アクセサリーや服の刺激などさまざま。大人の場合の主な原因は、欧米化した脂肪分の多い食生活やストレスです。
特にストレスが強いときに症状が悪化すると感じている人が多く、ホルモンバランスが乱れて肌の免疫力が低下するためと考えられています。イライラしたりすると、肌をかいて得られる快感にハマるケースもあるとか。
無意識にかいている人は、自分では気づいていないことがストレスになっているかもしれません。なるべくストレスをためないよう、自分なりの解消法を見つけましょう。

かゆみの悪循環をとめるアプローチ

大人アトピーの疑いをもったらまず薬で湿疹・炎症を抑えて、かかないようにすることが大切です。かゆみ止めは薬局で手に入ります。かかないようにするために、テープやリント布で湿疹を覆うのもおすすめです。
症状が軽くなったら保湿剤によるセルフケアを。セラミド配合の保湿コスメなどでケアするとかゆみが和らぐことがあります。たとえ敏感肌向けアイテムでも、ピリピリと感じる時は使用を避けて。アルコール類など刺激となる成分が入っていないかチェックしましょう。

こんな生活習慣に注意して!

日々の生活の中で、意外なところにかゆみの原因は潜んでいます。例えばバスタイム。半身浴などで毎日汗を大量にかいていませんか? 汗が皮膚に残っているとバリア機能が壊れた部分には刺激になります。また、かゆい部分は気持ちがいいのでつい強くこすって洗いがちなので気をつけること。シャンプーやリンス、ボディーソープのすすぎ残しも要注意。面倒だからとサッと済ませず、きちんと洗い流しましょう。
洗濯用の洗剤や柔軟剤に含まれる芳香成分も、かゆみを引き起こす原因になることがあります。香りを残すために適量より多く使ったり、すすぎを減らしたりすると衣服に成分が残ります。

肌の刺激になるものはなるべく遠ざけ、スキンケアもきちんと行いながらかゆみを抑えることが、
大人アトピー改善の近道のようです。

加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る