ビューティーケアスキンケア

増える紫外線量に気をつけて!春の美肌にはUV対策がマスト

ポカポカ陽気に誘われて、お出かけしたい季節がやってきました。この時期に気をつけたい紫外線対策についてご紹介します。

お肌の大敵「紫外線」について知ろう!

太陽光に含まれる紫外線は、目に見えない不可視光線の一種です。紫外線は波長によってUVA、UVB、UVCに分かれますが、地表に届いて肌に影響を及ぼすのはUVAとUVBです。

紫外線の波長とは?

UVAとは
肌への作用は弱いが地上の紫外線の約9割を占め、ダメージが蓄積するタイプ。肌の奥深くの真皮にまで届き、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊するため、色素沈着やシミ・そばかすだけでなく、シワやたるみの原因になることも。
すでにあるメラニンを酸化させ、肌を黒くする作用もある。雲や窓ガラスも通過するので、室内でも注意が必要。
UVBとは
地上の紫外線の約1割と量は少ないが、表皮を中心にダメージを与え炎症を起こす。
短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなる色素沈着はUVBが主な原因。乾燥や肌荒れも起こしやすくなる。
紫外線は、季節や条件によって量は変わりますが、1年中地球に届いています。曇りの日に室内にいても、冬の寒い日でも紫外線が降り注いでいると思って。紫外線量は春先から増える一方で、減り始めるのは9月からです。
ダメージが蓄積しやすいUVAは、冬でも夏の2分の1程度の量が降り注いでいます。1年中油断は禁物なのです。

紫外線寮は時間や場所で変わる!?

季節で紫外線量が違うのは前述しましたが、ほかにも紫外線量が変わる条件があります。
1日の内では、太陽の位置が高くなるときに紫外線量も最も多くなるので、午前10時頃から午後2時頃までが要注意の時間帯です。
ただ、UVAは朝や夕方でも量が大きく変化しないので、1日を通してUVケアをする必要があります。 意外と油断しがちなのが、日陰にいるとき。紫外線は反射しやすいので、日陰にいても日なたの約半分の紫外線量を浴びていることになります。
地表の表面状態によっても紫外線の反射率は異なり、アスファルトでは約10%、砂浜は約25%、新雪では約80%もが反射します。水面は約10~20%の反射率、透過率は95%にも及びます。日常生活はもちろん、レジャーの際は一層UV対策を強化してください。

紫外線からお肌を鉄壁ガード!

紫外線対策でまずやるべきなのは日焼けどめ化粧品を塗ること。選ぶときの参考になるのが「SPF値」と「PA値」です。

紫外線からお肌を守る2つの値

SPF値とは
Sun Protection Factorの略。主にUVBの防止効果を表す数値。数値が大きい方が防止効果は高くなる。
PA値とは
Protection grade of UVAの略。UVAの防止効果を表している。+の数が多いほど、UVAの防止効果は高くなる。
日焼けどめ化粧品は種類がたくさんあり、UV防止効果やシーンに合わせて適切なSPF、PAのものを選んで使うのが効果的です。
日やけ止め化粧品は重ねて使うと防止効果が高まるので、UVカット効果のある下地とファンデーションなどを組み合わせるのがおすすめ。
生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方
しかし、日焼けどめ化粧品だけでは十分な紫外線防止対策にはなりません。もっとも大事なのは、紫外線に当たらないよう工夫すること。
日傘を使ったり、帽子をかぶったり、サングラスをかけたり、長袖の服で肌を覆うなど、紫外線を防ぐためのアイテムを使うようにしましょう。
日なたよりも日陰の多い道を選んで歩いたり、紫外線が強い時間帯の外出を避けるなどの習慣も身につけて、お肌を守ってください。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る