ビューティーケアアンチエイジング

乾燥や薄毛、抜け毛対策はバッチリ?ヘアケアで5歳若返ろう!

昔から日本で美女の条件に欠かせないのが、美しい髪です。髪がパサパサ、ゴワゴワしていると、どうしても実年齢より老けて見えてしまうもの。
豊かで艶やかな髪を取り戻し、若々しさをキープしましょう!

髪のダメージを促進する習慣

「髪は女の命」と言いますが、誰しもツヤツヤのきれいな髪をキープしたいもの。ところが現代の状況では、美髪のキープはそう簡単なものではありません。
エアコンによって年中お肌や髪は乾燥にさらされています。髪に強いダメージを与える紫外線も年々強まっているとか。外的な要因だけでなく、ストレスによっても髪の傷みは進行してしまいます。
また、加齢によって女性も薄毛や抜け毛に悩まされるようになります。最近は20~30代で薄毛に悩む女性が増えているとか。

あなたはこんな習慣がクセになっていませんか?

これらはどれもヘアサイクル(髪の新陳代謝)のリズムを崩し、髪が傷むことにつながることです。
悪いクセをやめるだけでも髪をいたわることになるので、日頃の習慣から見直してみてください。

健康な髪を育てるために

髪は皮膚の一部が変化したもの。健康的な髪は、頭皮に埋もれている毛根がきちんと働いていることが大切です。毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返して髪が育つので、この細胞分裂を促すために、酸素や栄養をきちんと運ぶことが重要になります。そこで欠かせないのが、土台である頭皮の血行が良好なこと。ダイエットや寝不足によってホルモンバランスが崩れたり、食事のバランスが悪かったりすると、栄養が十分に髪に行き渡らず、抜け毛や細毛につながります。ヘアカラーやパーマは、毛根を傷つけたり頭皮を傷めたりする可能性が高いので、頻繁に行うのは控えて。
髪の表面はキューティクル(毛小皮)に保護されています。湿気を含むと広がるので、濡れた状態が最も開いていることになります。そこでドライヤーやヘアアイロンで過剰に熱を当てると、開いたキューティクルから水分が失われていまいます。一方、髪が濡れたまま寝てしまうのも枕に髪を擦りつけることになるので、キューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛ができることも。美髪を保つポイントは、頭皮の健康と髪の保湿です。正常なヘアサイクルをキープできるよう、正しいヘアケアを身に付けましょう。

健康な髪を育てるために
頭皮マッサージ

【頭皮マッサージ】

まず頭皮を指で軽く押して、皮膚の固さをチェックしてみましょう。康な頭皮は柔らかく、軽く指を押し戻すくらいの弾力があります。しかし固くて動かない頭皮は、弱ってしまっています。
シャンプーの時やテレビを見ている時などいつでもいいので、指の腹を使って、頭皮を少しずつ揺り動かすようにマッサージしましょう。頭皮は顔と一枚の皮でつながっているので、スキンケアするときと同じような感覚でソフトに扱ってください。
ドライヤーの使い方

【ドライヤーの使い方】

ドライヤーを正しく使えば、キューティクルを整えてツヤを出すことができます。髪を早く乾かしたくて、ドライヤーを至近距離で当てるのはNGです。20cm以上は離して、最初に頭皮を軽く乾かしましょう。髪のキューティクルは根元から毛先に向かってうろこのようになっているので、根元から毛先に向かって風を当てるように。
最後の仕上げに、全体に冷風を当ててキューティクルを引き締めましょう。
ブラッシング

【ブラッシング】

ブラッシングはキューティクルを整えるだけでなく、頭皮を刺激するので血行がよくなり、顔のリフトアップにも効果が期待できます。
お手入れの際だけでなく、シャンプーの前にも必ずブラッシングを。頭皮や髪のホコリや汚れを取り除けるので、シャンプーの洗浄効果もアップします。
シャンプーやトリートメントなどヘアケアアイテムも、頭皮や髪にやさしく自分に合ったものを使うように見直すのもいいでしょう。潤ってツヤツヤでボリュームもある髪は、若々しく見せてくれるだけでなく、手入れの行き届いた素敵な女性という印象も与えてくれます。
日々のケアで若さの秘訣のツヤ髪を手に入れましょう。
加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る