美活百科編集記

2017.11.15 柑橘類を使ったマッサージ

 

f72536b2a44fb34bcd5b1fa877a0efa1_s

 

こんにちは、編集TMです。

 

美容系の某業界誌に、柑橘系の果物を使った面白いマッサージが紹介されていました。

 

柑橘類のマッサージというと、果実を輪切りにしてお肌に貼ったり、

果汁を絞って化粧水として使ったりというような方法を思い浮かべますが、

このマッサージは違います。

 

なんと、果実をそのまま肌に押し付けてマッサージをするというものなのです。

例えばオレンジを足の裏ですべらせてマッサージしたり、レモンのとんがったところでツボを刺激したりなどです。

 

「なぜ果物を使うのか」という問いに、講師(外国の方)はこう答えています。

「果物を使うこと自体には、肌への効果はありません。

しかし、それぞれの手触りが異なるため、繊細な感触がもたらされます。」

 

それって果物いるん?

そう思いましたが、エステという非日常感を演出するにはこういった要素も必要なのかもしれません。

 

実際の果物を使っていることの特別感、

香りによるリラクゼーション効果、

サロン内を地中海のイメージに統一すればもっと雰囲気が出るかもしれません。

 

日本では、このマッサージをやっているサロンはなさそうですが、

こういったところから新しいアイデアが生まれてくるのかもしれません。

 

ちなみに、記事にはきちんと果物の再利用アイデアまで載っていましたよ。