加盟店募集中
はじめてのエステサロン
特集記事
アンケート調査
イチオシ!ビューティーレシピ

すべて見る

コスメレビュー
全国のジュビランサロン一覧を見る

美活百科美活部

2019.02.14 みんなどうしてる?爪のケア

2月になり、ますます寒さが身に染みる季節になりました。
過ごしやすい時期はネイルをしたり、フットケアをしたり、
ウォーキングをしたり…何かとアクティブに行動していたのに、
最近は寒いのを理由に、美活もサボりがちになっている美活部員Kです。

ケアを怠っていた爪をようやくお手入れしようとしたら、
爪に横じまなデコボコが…(・∀・;)
自分の爪をまじまじ観察してみると、心配になったので
調べてみることにしました。

handcare

 

 

1. 縦線のでこぼこ

ほとんど病気の可能性はなく、「乾燥」と「加齢」が主な原因。
歳を重ねると胃腸の働きが衰え始めるため、爪に十分な栄養素が
行き届かなくなるのです。特に亜鉛不足が縦線として現れやすいそうです。
血液循環が悪い・精神的ストレス・不規則な生活習慣などが原因となって現れます。

【改善方法】
①「保湿」
乾燥を防ぐために、ネイルオイルやハンドクリームを使ってしっかり爪の保湿を行います。
爪だけでなく、爪周りの皮膚に揉み込むように使うといいでしょう。

②「保護」
手を洗ったり、炊事やお風呂掃除など水回りの家事をした後には必ずハンドクリームを。
熱いお湯で食器を洗うと手肌も爪も乾燥しやすいので、ぬるめのお湯を使ったり
ゴム手袋を使うなどの工夫をするのがオススメです。

③「マッサージ」
指をマッサージすることで血行が良くなり、新陳代謝をアップさせ爪のターンオーバーを促します。
爪の両端を反対の手の親指と人差し指で挟んでキュッキュと指圧するだけでOK。
ネイルオイルやハンドクリームを併用するとベストです。

 

2. 横線のでこぼこ

「爪への負担」と「栄養不足」が主な原因。
一度できた爪にあとから横線が入るのではなく、最初から横線の入った爪が生えてきます。
爪を作る爪母が健康上のトラブルなどの理由でうまく働かなくなった時に、横線の入った爪ができるそうです。
そのため横筋は、健康状態が顕著に現れます。成人の爪は1日に0.1ミリ伸びると言われますので、
根元から何ミリのところに横筋があるかを見ればいつトラブルがあったのかがわかりますね。

【改善方法】
①「正しい甘皮処理」
自宅で爪のお手入れをしている場合、甘皮処理をしすぎて爪を傷つけてしまうことがあります。
甘皮を処理することで爪の形が美しく見えるメリットはありますが、甘皮は本来爪を保護するためのもの。
あくまで余分な部分のみを優しく取るようにするといいでしょう。力の入れすぎは禁物です。

②「栄養補給」
指先まで栄養を届けるにはキレイ成分をたっぷり爪にまでしっかり栄養を届けて成長を促しましょう。
バランスの良い食事はもちろん、特に意識して摂りたいのはタンパク質とビタミンA・B2・E、鉄分です。

③「睡眠」
質の良い睡眠をとりましょう。眠っている間に爪は作られています。
長く眠るというよりも、規則正しいリズムで良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

 

■こんな症状に注意!爪の病気の可能性も

爪の様々な症状の中には、爪の病気によるものもあります。
下記のような症状があるのであれば自己判断せず、皮膚科などで適切な診断と治療を受けましょう。

①指先が膨らんでいるような形の「ばち指」
心臓や肺の病気が原因の場合が多いので、内科などを受診することをおすすめします。

②小さな穴があるとき「陥没点状陥凹(かんぼつてんじょうかんおう)」
特定の爪だけに見られるのであれば外傷などが原因で、時間とともに解消されます。
その他円形脱毛症や乾癬(かんせん)などの影響で起きている場合も。

③爪の真ん中が凹む「スプーンネイル」
爪に過度な力がかかることが原因ですが、鉄欠乏性貧血で爪が弱くなっている場合などになりやすいでしょう。

また、深い溝ができている場合は、貧血や糖尿病、亜鉛欠乏症などの症状とも考えられます。
異常を見つけたら自分で判断せず、専門医の診断を受けましょう。

エステで癒されながらキレイになりたいと思ったあなたに!
★サロン検索はこちら