美活百科美活部

2017.08.26 夏が旬の「桃」~主な栄養・効果

美活部員のMKです!

8月も残りわずかですが、残暑のせいかまだまだ暑いですね。
そんな夏バテ気味の私でも大好きな「桃」はパクパク食べてしまいます。
先日も桃がたくさんのった桃かき氷をパクリ!とっても美味しかったです!!

IMG_4657

7~8月が旬の「桃」は甘くてとってもジューシー!
食べるととっても元気になれます。
そんな桃について調べてしました。

-*-*-*-*-*-
   桃とは
-*-*-*-*-*-
植物としてはバラ科モモ属に分類
雛祭りの飾りでもお馴染みの桜に似た花がさく
桃の品種は約100種類
大きくは果肉の色で白肉桃・黄肉桃の2つに分けられ、
日本で多く流通しているのは白肉桃で、こちらはさらに
元となった白桃系・白鳳の2つに分かれます。

中国では古くから桃は「長生の実」「不老長寿の仙果」と考えられ、
体の中の悪いものを取り除く力がある・魔除けになると言われていたそうです。

風水では恋愛運を上げるフルーツと言われているそうですし、
桃の果実にも女性に嬉しい栄養素が含まれているんです!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   桃の主な栄養・効果
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
◆エネルギー補給・疲労回復
桃に含まれるクエン酸やリンゴ酸は、エネルギー代謝に
関わるクエン酸回路(TCAサイクル)を活発にする働きがあります。
また、三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の代謝に
不可欠とされるナイアシンやビタミンE・ビタミンCなど
疲労と関わりの深い栄養素も含まれています。

◆夏バテ予防・軽減
夏バテを起こす原因は色々ありますが、その一つとして
汗でカリウムが結合することが挙げられます。
桃はミネラルを比較的多く含んでいます。
加えてクエン酸はキレート効果と呼ばれる働きで
ミネラルの吸収を高める・消化を高める働き、胃液の分泌を促すことで
食欲を高める・消化を助ける働きがあります。

◆血行促進・むくみ対策
ポリフェノールの一種で香り成分の「クマリン」が
含まれています。
クマリンには抗酸化作用や抗血液凝固作用があり、
血行を良くすることでむくみ改善やセルライト対策などに
効果が期待されています。

◆整腸・便秘予防
桃は果物(青果類)の中では食物繊維が比較的多く、
100gあたり食物繊維総量は1.3gとバナナを上回り、
グレーツフルーツの約2倍。
ジュースにして飲むと水分補給にもなり、
効果的にとれるのでおすすめです。

◆ダイエットサポート
100gあたりのカロリーは40kcalと低め。
これはオレンジやグレープフルーツとほぼ変わらず、
バナナの半分以下のカロリー数になります。
一個食べても80~90kcal程度なので、
ダイエット中に甘いものが食べたい時に
重宝します。

◆生活習慣病予防
桃は比較的多くカリウムを含んでいることから、
塩辛い食事などで多くとりすぎたナトリウムの排出を促すことで
高血圧予防に役立つと考えられます。
また、カテキンやクマリンなどのポリフェノール類、
ビタミンEなどの抗酸化作用を持つ成分も含んでいます。
このため過酸化脂質が血管に付着・蓄積して起こる
動脈硬化の予防にも役立つと考えられます。

◆美肌づくり・老化予防
桃は血行循環をサポートしてくれるクマリンやビタミンEを
含んでいます。
血行が良くなることで肌のくすみやクマを改善し、
透明感アップに繋がり、しっかりと酸素や栄養が行き渡ることで
肌の新陳代謝を高めてターンオーパーを整えることにも繋がります。
またカテキンやケンフェロール、薬効成分と言われる
アントシアニン系色素(クリサンテミン)などのポリフェノール類も
含まれています。
特にクリサンテミンは肌や内臓の老化に対して強力な予防効果が
あると言われています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

abf52b5e679dd14b252d69b012642390_s

生活習慣予防など体の内側から、
むくみ解消や美肌づくりなどの外側からの両方で
役立つ成分が含まれている「桃」は古代中国で長寿の果物と
言われていたのも納得ですね。
こんなにも効果がある「桃」がますます好きになりました。